仮称)コネクトロンのブログです

コネクトロンのブログです

2018年08月の読書メーター

8月の読書メーター
読んだ本の数:29
読んだページ数:5731
ナイス数:145

BARレモン・ハート(33) (アクションコミックス)BARレモン・ハート(33) (アクションコミックス)感想
ひさびさに読んだのだけど、目についたのは登場人物がやたら自己紹介をすること。バーのカウンターでは隣の人との敷居は低くなるけど、こんなに簡単に本名なのるかな?それともレモンハートだから?
読了日:08月30日 著者:古谷 三敏
あしたの朝子あしたの朝子感想
おもしろいのはおもしろいのだけど、この物語のオチはなんなんだろう、と思いながら読み進め最後の最後でわかりましたが、物語に没頭できなかったからオチはなんだろ、とか考えてしまうので、実はテーマが絞りきれてなかったのではないか、と思わされました。他の方のレビューも読んでそういう作品が多い作家さんであることを納得。
読了日:08月29日 著者:山口 恵以子
放課後カルテ(16) (BE LOVE KC)放課後カルテ(16) (BE LOVE KC)
読了日:08月27日 著者:日生 マユ
放課後カルテ(15) (BE LOVE KC)放課後カルテ(15) (BE LOVE KC)
読了日:08月27日 著者:日生 マユ
放課後カルテ(14) (BE LOVE KC)放課後カルテ(14) (BE LOVE KC)
読了日:08月27日 著者:日生 マユ
放課後カルテ(13) (BE LOVE KC)放課後カルテ(13) (BE LOVE KC)
読了日:08月27日 著者:日生 マユ
放課後カルテ(12) (BE LOVE KC)放課後カルテ(12) (BE LOVE KC)
読了日:08月27日 著者:日生 マユ
放課後カルテ(11) (BE LOVE KC)放課後カルテ(11) (BE LOVE KC)
読了日:08月27日 著者:日生 マユ
放課後カルテ(10) (BE LOVE KC)放課後カルテ(10) (BE LOVE KC)
読了日:08月27日 著者:日生 マユ
放課後カルテ(9) (BE LOVE KC)放課後カルテ(9) (BE LOVE KC)
読了日:08月27日 著者:日生 マユ
放課後カルテ(8) (BE LOVE KC)放課後カルテ(8) (BE LOVE KC)
読了日:08月27日 著者:日生 マユ
放課後カルテ(7) (BE LOVE KC)放課後カルテ(7) (BE LOVE KC)
読了日:08月27日 著者:日生 マユ
放課後カルテ(6) (BE LOVE KC)放課後カルテ(6) (BE LOVE KC)
読了日:08月27日 著者:日生 マユ
放課後カルテ(5) (BE LOVE KC)放課後カルテ(5) (BE LOVE KC)
読了日:08月27日 著者:日生 マユ
放課後カルテ(4) (BE LOVE KC)放課後カルテ(4) (BE LOVE KC)
読了日:08月27日 著者:日生 マユ
放課後カルテ(3) (BE LOVE KC)放課後カルテ(3) (BE LOVE KC)
読了日:08月27日 著者:日生 マユ
放課後カルテ(2) (BE LOVE KC)放課後カルテ(2) (BE LOVE KC)
読了日:08月27日 著者:日生 マユ
放課後カルテ(1) (BE LOVE KC)放課後カルテ(1) (BE LOVE KC)
読了日:08月27日 著者:日生 マユ
男の!ヤバすぎバイト列伝 (耳マン)男の!ヤバすぎバイト列伝 (耳マン)感想
ロマンポルシェの音を知らなかったので、これを書くにあたり動画をみました。掟ポルシェといえば吉田豪とつるんでいる人ぐらいの認識しかなく、某密林で「とにかく文章がすばらしい」というレビューが多かったことにひっかかってしまった私を許してください。自分自身のダメ自慢、遭遇したダメ人間の凄さ自慢についてはとくに驚くこともなかったのだけど、重ねる借金のもとになったシンセサイザー愛が白眉であったとでもいうか。なぜそっち方面を志向するようになったかってのは他の著書を見たらわかるのかしら。
読了日:08月27日 著者:掟 ポルシェ
文藝春秋 2018年 09 月号 [雑誌]文藝春秋 2018年 09 月号 [雑誌]感想
清原の手記を読みたくて手にとりました。いったいどんな読者層なのかまったくわからなかった雑誌ですが、週刊文春と下世話さはたいして変わらないじゃないですか。しかし手にとって初めてわかったこと、この雑誌の最大の売りはサイズと活字の大きさですね。老眼になってこの体裁のありがたさがわかりましたよ!!芥川賞作品はオチにがっかり。
読了日:08月23日 著者:
こわせない壁はない 人生が新しくなる33の心得こわせない壁はない 人生が新しくなる33の心得感想
誌友さんのレビューで知って即ポチしたのだけど。初著者さんだったのだけど。おかしい、どうにも響かない。いいこと書いてるのだけど。立派な活動いっぱいされてるのだけど。何度も挫折しそうになったけど最後まで読んだら響かない理由がわかるかな、と頑張りました。結局響かなかった理由はわからなかったのですが、あとがきを読んで連載時は違うタイトルだったそうで、無理やりに「壁」というものに押し込めてしまったことが違和感になったのかな、と。壁こわせない人もいるんだよ。
読了日:08月22日 著者:鎌田 實
天才はあきらめた (朝日文庫)天才はあきらめた (朝日文庫)感想
負け戦の記録を目にすることができるのは、書いた人が敗残兵だから。かつては負けたとしても、生き残れているから。死んでしまった人の記録は目に入らない。納得の赤裸々さ。M-1にひっかかってからの心理描写は読んでるほうも胸が痛くなった。過酷だのー。しずちゃんの「私は全力でやってなかった」という言葉が滲ました。きっと天才は天才で違う形の努力や全力があるんだよ。
読了日:08月18日 著者:山里亮太
マリコ、うまくいくよマリコ、うまくいくよ感想
絶妙ですね。みんな頑張ってるんだ、という共感を持てればいいのだけど、こうも気を使わなくてはいけない環境であることにディストピア感。
読了日:08月12日 著者:益田ミリ
大家さんと僕大家さんと僕感想
受賞したときに初めてこの存在を知り、談話などを見てもともと描きたかった人であったことが意外でした。そしてこれからも描き続けていこうとされていることが。しかし父親が絵本作家であったとわかり、なーんだ、そういう環境、素養の人だったのかと納得。
読了日:08月12日 著者:矢部 太郎
99人の小さな転機のつくりかた99人の小さな転機のつくりかた感想
数珠繋ぎに繋がりの意外な関連性が垣間見えておもしろかった。表に現れるのは成功例ばかりでその何百、何万倍もの失敗例が目に触れることは少ないけど、ターニングポイントというのは成功例ばかりではないはずで、そして自分が選んだほうとは違うほうをもし選んでいたらどうなっていたか、もわからないわけで。要は「やってみたらいいよ」というメッセージだということでしょう。
読了日:08月12日 著者:「ビッグイシュー日本版」編集部,香山 リカ,マツコ•デラックス,佐藤 可士和,上野 千鶴子,姜尚中,角田 光代
みえるとか みえないとかみえるとか みえないとか感想
ヨシタケさんさすが、というレビューが多いですが、これは伊藤亜紗さんの考えあってこそ。版元をみたらアリス館だったので納得。
読了日:08月08日 著者:ヨシタケシンスケ,伊藤亜紗
「サッポロ一番」を創った男  井田毅物語「サッポロ一番」を創った男 井田毅物語感想
誌友さんのレビューで知りました。味を作ったのが奥様だったとは。一番の貢献者は奥様なのではないかと思ってしまいましたよ。
読了日:08月08日 著者:磯尚義
はじめて読む親鸞聖人のご生涯はじめて読む親鸞聖人のご生涯感想
誌友さんのレビューで知り、Amazonで即ポチ。
読了日:08月08日 著者:教学研究所
瓦礫の中のレストラン (講談社文庫)瓦礫の中のレストラン (講談社文庫)感想
初著者で、経済ものの人というイメージがありました。焼け跡ものが好きなのでつい食らいついてしまいました。復興の人情ものを生馬の目を抜くようなものを書いていらっしゃる方がどのように料理するのか、心あたたまるレストランのお話ってどんなんだろうとwktk(死語)でしたが。まあ、メインテーマはレストランましてはお料理ではなくてお金のことでした。
読了日:08月01日 著者:江上 剛

読書メーター


ポチっといただけると励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ


☆無料占いや↓☆
20140522213653
☆クリックする前にお題を考えるんやで〜☆


占いはするけど占い師じゃない、
カウンセリングはするけどカウンセラーじゃない、
問題の根本解決を目指す「悩みの探偵」です♪

20171116211411
神戸元町コネクトロン https://www.connectronkobe.com/


PVアクセスランキング にほんブログ村