仮称)コネクトロンのブログです

コネクトロンのブログです

そこに無ければ無いですね、で済ませたらあかんやんか!

「そこに無ければ無いですね」

これはちょっと前にTwitterを賑わせた、ダイソー店員の発言です。
ダイソー店員「そこに無ければ無いですね」の汎用性がとても高いので遊ぶ人多数
どういう状態で発せられたフレーズかというと、お客さんが売り場で見当たらない商品を店員さんに尋ねるわけですよ、これはもう無いのですか?とかって。

客としては、バックヤードから持ってくるとか、売り場が変わりましたとか、代替商品の提供とか、商品をてにするための何らかの返答を期待しているのですが、そこで無慈悲にも言い放たれてしまうのです。

そこに無ければ無いですね、と。

アイテム数があまりに多いので、担当者しか在庫の把握ができていないということを揶揄したものらしいですが、これと似たような体験を最近しましてね。

たいへん久しぶりに占いハウス的なとこに足を踏み入れたのです。占いに解決を委ねたい悩みがあるのではなく、純然たる占いのアプローチの仕方の参考に、と思ってです。献血ルームでかなりの頻度で純然たる占い的な対応を求められることがあるので、その対策に、と思ってです。

占いハウスに飛び込んだときにいつも提示するお題は「私に改善すべきところがあればご指摘を」だったのですが、そう思ってしまうこと自体があかんのや、と学習したので今回はほんとに困っていることをお題としました。

お酒がやめられない

きゃー、自分で書いてて恥ずかしい!!

ちょっとねー、やめられないんですよ。そうすさまじい酒量なわけじゃないんですが、飲まない日がない。今日こそ飲まないぞ、と思っていても飲んでしまう。もちろん仕事に支障はないし、検査の数値も正常値のど真ん中ばっかりなんですが、コントロールできてるという感じがしない。

老舗のタロット屋さんに行きました。著名オーナーではなく、若いお嬢さん。7枚引きでワンドがいっぱい出てたかな。

心配ないですよ、と言われました。ひどい状態だ、というふうには出てません、と。今日は飲まないぞ、ではなくて逆に1日これだけ飲む、と酒量を決めたらどうですか?と提案されました。

それができないんです

だったら私にはどうにもできませんね、とクロージングです。

え?

え?

これで終わり??

逆に新鮮でした。こうやって切り捨てることもできなきゃいけないのか。それが占いか。カードで出た結果を提示して終わりか。

酒量を定められないのはなぜか、お酒を飲むことにどんな意味があるのか、何を埋めているのか、突っ込みどころは満載なのですが、それらのどこにも触れられていません。

そこに無ければ無いですね、と言われたような気がしましたよっ。

コネクトロンのセッションでは、そこで切り上げることはできません。売り場に商品がなければ、バックヤードまでいく、他売り場を探す、ちゃんと回答できるスタッフを頼る、打つ手はいくらでもあると思うのです。

探すのです、だから「悩みの探偵」なのです。黙って座ればピタリと当たる、ではないのです。

探偵が探しあてた事例をひとつご紹介。

50代女性さま、仮にシルクさんとしましょう、シルクさんものすごい読書家。あれも知ってる、これも読んだ、と読書歴の披露となるとものすごいのです。

月刃格で傷官を豊富にお持ち、センスと言語感覚が尖ってそびえ立ってるような方なのですが。

が。

持っていらっしゃるものの豊かさがちっとも伝わらないのですよねー。それが不思議で、不思議で。

シルクさんも言いたいことが言えない、嫌と言えない、自分を出せない、というお悩みはお持ちだったのですが、インプットのすごさがまったくアウトプットに反映されていないことへ私が感じているほどのもどかしさは持っていらっしゃらないようでした。

はい、私だけが勝手に「ほんとに、もー!!」って思っていたのです。シルクさんから提示されたお悩みではないのです。

直近でシルクさんから提示されたお悩みがあったのですが、すでに解決策にたどりついていらっしゃいました。それを進めるに迷いも不安もお持ちではありません。

なんや、何しに来たんや、悩みないやん、と思いつつ、とりあえずカード開いてみました。

ブロックしているもの「コントロール

では、どうするか「許し」

得られるもの「清らかさ」

現状「審判の逆位置」

まず「清らかさ」に着目です。「清らかさ」は、同性の親からインプットされたネガなものからの解放を示します。つまり、シルクさんにとっては母親ですね。

おかあさまのせいでどうなってしまいましたか?

言いたいことが言えなくなった。

それはもっともなのですが、「言いたいことが言えない」ということがどうして、内面の豊かさをアウトプットできないことにつながるのでしょうか。

審判の逆位置は、報われていない、となります。まさに持ってる豊かさに見合った成果を得られていないのです。

コントロールは、ひとつの物事にメリットとデメリットがあった場合、デメリットのほうにばかり目が向いてメリットを取り逃す、という状態。メリットを手にしていいんだよ、と自分に許可を与える。

では、自分を出すことのデメリットとは何か。

さ、ここから探る作業になります。

シルクさん、小学校、中学校の頃は自分を出せていたそうです。

いえ、出せていません(どっちやねん。

自分を出す、って曖昧な表現ですよね、出せていたものはなにか、インプットされている潤沢な歴史文学などの知識、それらを基にアウトプットされたテキスト、シルクさんはガチな文芸少女だったのですよ!

熱心にされていた創作活動をストップさせたものは何か。

それはすぐにでてきました、活動を共にしていたお友達の発言です。そのお友達は、シルクさんが創作活動をすることを好ましく思っていなかったのです。

シルクさんは自分の創作よりもお友達を選びました。

いえ、選んでいません(どっちやねん。

シルクさんが創作を断念したからといって、お友達との関係は元には戻りませんでした。自分の創作意欲がお友達を傷つけてしまったことは、シルクさんにも深い傷となったのです。

傷の正体が確定できました。

いえ、できていま(ry。

野生の勘、などと済ませてしまうのは横着ですが、違うよね、と感じさせるものがあるのです。強いて言うなら、発言がですね、台詞っぽいのですよ。心から出た言葉という感じがしないのです。

とりあえず出てきたものでビリーフをとっぱらう作業を進めることにしました。そこでいつもしている質問があります、その時なんて呼ばれていましたか?と。

シルクさんの創作意欲が仇となって仲違いしてしまったお友達、そのお友達はシルクさんのことをなんて呼んでいたのでしょうか。

「俺達を名付けた人間どもを皆殺しに…」 名前のヒドい生き物たちが決意を固めるTwitter漫画にリプ欄で参戦者相次ぐ

お友達はシルクさんのことを、それはそれはひどい「愛称」で呼んでいたのです。その愛称は小学校時代からのものでした。

シルクさんは何年も学校で、そのひどい名前で呼ばれ続けていたのです。

その愛称の根拠となったものこそ、シルクさんのおかあさん所以のものでした。

抗議の声をあげたこともあったでしょうけれど、シルクさんのその声は聞き届けられるはずもなく、心の傷を増やさないためにシルクさんは「てへ♪」の鎧を着込んでしまわれました。
そんなひどい名前で呼ぶなんて友達ちゃうやんな!!

シルクさんはその名前で呼ばれることを許すことが、自分を大切にしていないことだとは気づいていらっしゃいませんでした。

もちろん、スクールカースト的な雰囲気の中では声をあげることは難しかったでしょう。

でも。

いま、大人になった今は、声をあげることができるのです。

いえ、あげれません(どっちry。

声をあげる前にすべきこと、それは「そんなひどい名前で呼ばれて嫌だったよね」と過去の自分をヨシヨシすることです。

自分を大切に扱わない周囲に対して(含:おかあさん)抗議の声をあげることをずっとなさっていませんでした。出せない声は喉の蓋となり、嫌も言えないどころか、シルクさんの豊かな才能の出口にまで栓をしていたのです。

傷をやりすごすために人は絆創膏を貼りますが、貼ってるうちは治らないのです。傷口は風に当ててやらないといけないのです。

絆創膏でガードしてると、攻撃を受けても感じないのです。それが、我慢できることと平気なこととは違う、ということです。

侮蔑的な言葉をやりすごすということは、受けたダメージが気づかないうちにローブローのように溜まっていっている状態なのです。

攻撃は、その場で「痛い!」「嫌だ!」と感じられるほうが、ダメージは少ないのですよ。

気づかないフリをしていたもの、気づいた時には自分が受けてきたダメージの大きさに呆然とされる方が多いです。そしてやってくる怒り。私の人生返してよ!ってなって当然です。

楽しい作業ではないですが、その気持ちにもしっかりと向き合ってください。

どうやって?

いやだったよね

人生無駄にしたと思っちゃうよね

ずっと我慢してたよね

ヨシヨシ

さ、シルクさんのこれからがほんと楽しみです。どんなものをアウトプットしてくださるでしょうかね。先日の芥川賞の受賞者の年齢が頭に思い浮かびました。シルクさんの頭の中に溜め込まれたもの、堤防が決壊するように流れ出すことでしょう。


コメントをしていただくとセッション料金割引やグッズと引き換えできるポイントがたまります。コメントポイント制度、詳しくは こちら をご覧くださいませ。


ポチっといただけると励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ


☆無料占いや↓☆
20140522213653
☆クリックする前にお題を考えるんやで〜☆


占いはするけど占い師じゃない、
カウンセリングはするけどカウンセラーじゃない、
問題の根本解決を目指す「悩みの探偵」です♪

20171116211411
神戸元町コネクトロン https://www.connectronkobe.com/

PVアクセスランキング にほんブログ村