仮称)コネクトロンのブログです

コネクトロンのブログです

文句をちゃんと伝えるためにはどうすればいいか

みなさん、聞いてますか?冬休み子ども科学電話相談っ。連日、深すぎる問いと回答の大盤振る舞いですよ!

 

みなさんご存知のように(知らんか)私はモップをレンタルしています。

サコージュのママンの部屋の掃除にもモップが必要なので、モッピーちゃんに追加をお願いしました。

↓モッピーちゃん

これまでは拙宅まで交換に来てもらってたんですが、サコージュのほうが車を止めやすいのでそっちに来てもらうことに。昨日はママンがデイサービスに入ってる間に掃除と洗濯が終わったので、(顔を合わせたくないので)帰りを待つことなく早々に部屋を辞して、ちょうどやってきてくれたモッピーちゃんと立ち話をしておりました。

 

モッピーちゃんと会うと、いつも深い気づきを得られます!

今日はどんなお話をしてくれるのかしら、と(ない)胸を期待に膨らませていましたよっ。

 

お仕事の悩みをチラッと語ってくれて、それは言いたいことが言えてないからだよ、と偉そうに答えた私を許してください。

 

言ってます、さんざん言ってるんですよ!でも、伝わってないんです。

 

言ってるのに伝わってない原因はただひとつ。言いたいことを言ってはいけない、自分を出してはいけない、という呪いに囚われているからです。

 

いえ、囚われていません(どっちやねん。

 

言いたいことを言えなかった、自分を出せなかった、という痛みがまだある、ということです。

 

いえ、ありません(どっちやねん。

 

痛みがあったことにも気付けていないかも、です。

 

言いたいことを言えなかった、自分を出せなかった、という痛みをヨシヨシできたなら、訴えはちゃんと相手に伝わるようになります。もしくは、訴えたいことに悩まされることがなくなります。

 

いい人をしなきゃ病につい囚われてしまいます!とモッピーちゃん。

 

いまぷさんは体だいじょうぶなんですか?と気遣ってくれました。

 

いやー、アル中にリーチでさ、と返したところ

 

なんでいまぷさんは、いつも飲酒に罪悪感を持つんですか?せっかくの楽しいお酒が台無しじゃないですか!

 

節制できてないことの罪悪感だね、実際のんでしまったらやるべきことがやれないでいるし。ここ(サコージュ)に来るのもイヤだから、来る前に飲んじゃうし、今日はやることやったらさっさと帰っちゃうひどい娘ですよっ

 

お酒のんで機嫌よくなれるんだったらいいじゃないですか、と優しいモッピーちゃんです。

 

私もおかあさんのこと嫌いなんですけど、嫌いなことに罪悪感もってるんです。罪悪感を持つことがいわば免罪符なんです。

 

お?

 

おかあさんのことどうでもよかったら、罪悪感すら持たないでしょ。罪悪感を抱くほどにおかあさんに気持ちがあるってことなんだ、と思うようにしています。

 

なるほどー!そこで思い出したのがこれ。

ど忘れしちゃう、と己を責めるのは、インプットされた記憶がある、という意識があるからです。インプットしたことさえ忘れてしまっていたら、ど忘れしちゃった、と困ることさえないのです。

 

それと同じように(同じなのか?)、罪悪感を抱くということはその対象に善き思いがあるからこそということですね!!

 

これは見たくないものを見てこそ、見るべきものがちゃんと見えるようになる、というコネクトロンの穴ぼこ理論と同じです。自分の中の善きものの存在(宝物)に気づくためには、その対称となる好ましくないものの存在を認めることは必須です。

 

そっか、罪悪感を抱くことに罪悪感を抱かなくていいんだ。罪悪感いだいちゃうよね、と自分をヨシヨシすることは訴えていたつもりでしたが、罪悪感が免罪符になるという考えは目から鱗でした。

 

やっぱモッピーちゃんと話すと得られるものが大きいわ!

 

モッピーちゃんがこういう境地(どういう?)にたどり着けたのは

自分の痛みに向き合い続けるということは、ちっちゃいちゃんの声に耳を傾け続けるということ。ヨシヨシを続けるということ。

 

自分を労わり続けるということ。

 

丶(・ω・`) ヨシヨシ 

 

お灸はセルフメンテにほんっとオススメです。せんねん灸とかじゃなくて、艾による点灸ね。

やり方がわからないという方にはレクチャーさせていただきますよ♪

 

ポチっといただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

☆無料占いや↓☆

20140522213653

☆クリックする前にお題を考えるんやで〜☆

 

ギルトフリー(罪悪感からの解放)を目指します

20171116211411

神戸元町コネクトロン https://www.connectronkobe.com/