仮称)コネクトロンのブログです

コネクトロンのブログです

ハイパー主婦になりたかったのはなぜ?

家に帰るまでが遠足、と同じように(同じなのか?)アンケートを書くまで、感想を書くまで、それがブログにアップされるまで、コネクトロンのセッションは終わりません!!

セッションでお気持ちを出し切れなかった方、咀嚼に時間がかかる方、受け入れがたい事実に気付かれた方、そういう方は(どういう?)セッションのまとめを送るだけでは足りなくて、ブログにアップしたものを読むことが客観的な視線を得ることとなり、かわいそがれなかったちっちゃいちゃんの痛みをようやくふに落としていただけるのです。

もっかい書きます、セッションのまとめやご感想をブログにアップするまでがコネクトロンのセッションです!!

40代女性さま、セッションの感想を(強要して)頂戴しました。今回はですね、ちょっと不思議なプロセスだったのです。気づいていただけたこと、起きたことの意味、それを深く落とし込んでいただくためにも、感じたことを言語化(ここ、重要!)していただきたかったのです。

頂戴したご感想、まずは解説入れながらご披露です。

 

f:id:connectronkobe:20181217084604j:plain


どうしても許しがたい母との絶縁を提案されて以来、
※自分を傷つけた方との距離感に悩まれる方が多いです。世間的には交流を保つことを期待されるけど、近寄るたびに傷つけられる。期待されたものに応えられない罪悪感と、傷つくことのアンビバレンツ。サイコロで二択を見たって傷つくほうに背中を押すものはまず出ません。近寄らないことをお勧めすることが殆どです。

ずっと疎遠にしていましたが、先日あるところからの文書で、関わり合いにならないといけないかも、という局面に立たされ、相談させていただきました。
※この文書が届いたことが事の発端、そして帰結したものに感じたのは「お釈迦さまの掌の上の孫悟空」でした。仕組まれていた感が強かったですね。

最近、ボランティア活動を通して高齢者の方々とのかかわりが増え、ふと母のことを思い出すこともあったのですが、やはり許すことはできないだろうと思いなおしていた矢先のことでした。一方、家事にも身が入らず、これではいけないと思うことも続いていました。
※ボランティアを始められた事、とても唐突に感じられたのですが、動機の正体を見極めれたことが今回の最大の山場だったかと思われます。

もともとの問題は、母のことをどうするのかだったはずが、いつの間にか、また自分のことに戻ってきてしまいまして、思いがけず、ハイパー主婦になりたいのになれない理由にたどり着くことができました。
※なりたい理由以前に、なりたいものがハイパー主婦であった、ということも今回明らかになりました。

今回は、ずっと思い出すことができなかった(思い出したくなかった)過去のことをはっきりと思い出すことができ、父の事業の失敗と借金から壊れていって、しまいには母親であることを放棄していった母のことを思い出せました。
※何回かセッションをさせていただいていますが、それ初めて聞くよ!というエピソードがいくつもありました。あえて口にされなかったことも、記憶にフタをされていたことも。

壊れる以前の母は、かわいい服を縫ってくれておいしいご飯を作ってくれる自慢の母で、いつか自分もそうなりたいと思っていました、いや、自分の中のちっちゃいちゃんは今でもそう思っています。でも、今の私はその後の母に幻滅し、許せないという気持ちに支配されているので、ちっちゃいちゃんは顔を見せてもくれませんでした。今庄さんのお力をお借りして、多分一番大切だった思い出を見せてくれたような気がします。
※ちっちゃいちゃんは怒って顔を見せてくれてなかった、とおっしゃいました。ちっちゃいちゃんが一番大切にしていたものの正体に気づけたから、ちっちゃいちゃんは姿を現してくれたのですね。

それにしても、今回、母にまつわるややこしいことがきっかけになって、自分の長年抱えていた問題の核心が浮き彫りとなり解決の糸口が見えたことは、偶然ではなく必然で、何か見えざるものがチェスの駒を動かすように私を動かしたような気がします。ピンチはチャンス、だったのでしょうか。
※問題の核心とは、つまり忘れていた「大切なもの」を思い出すことです。頑強なフタを開くには、その頑強さに見合った強い揺さぶりが必要です。それがピンチ、と称される事態なわけです。

いずれにしても、ちっちゃいちゃんが勇気を出してくれたので、自分も真摯にやれることにあたろうと思います。まずは、かつての母の姿だけにとらわれずに自分なりのハイパー主婦を目指して、ほどほどに趣味にも取り組みつつ、日々を大切に、前に進んでいきたいと思います。
※勇気を出してくださったのはちっちゃいちゃんだけではなくて現在のご自身も。フタを取っ払おうと覚悟をしてくださったことにちっちゃいちゃんが応えてくれたのです。

続く。

 

氣鍼医術症例ブログ、私がほぼ全エントリーを書くようになりました。治療家向けの内容ですが、患者さんにお役に立つこともありますので、ブックマークしていただけると喜びます!

 

ポチっといただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

☆無料占いや↓☆

20140522213653

☆クリックする前にお題を考えるんやで〜☆

 

ギルトフリー(罪悪感からの解放)を目指します

20171116211411

神戸元町コネクトロン https://www.connectronkobe.com/