仮称)コネクトロンのブログです

コネクトロンのブログです

定年後再就職した夫にあと5年働いて貰うためにはどうしたらいいか

質問箱に質問を頂戴いたしました。

f:id:connectronkobe:20181005095839p:plain
https://peing.net/ja/q/27325075-1b6b-4883-8dd8-d87aa3ba2257
※ネットで表示される広告は介護施設のばっかw

お題をみて、あ、これはサイコロ案件であるな、と思いました。択一のお題は「ご主人さまを働かせるか否か」です。

働かせる、ってひどい言い方ですけど。

その是非をみた上で、じゃあ奥様はどうすればいいか、となるのです。働いていただくことが大前提になっていることがひっかかりました。

まずはカード開きました。

f:id:connectronkobe:20181005095923j:plain

ブロックしているもの

では、どうするか:信頼

得られるもの:神聖さ

現状:戦車

この手の問題で(どの手?)シャドーが出るときって、おかあさんが専業主婦だったかどうか、ってことがポイントになることが多いです。

おとうさまとおかあさまの夫婦関係において、おかあさまは対等なパートナーであったか。おかあさまばかりがしんどかったか(逆もあり)。

信頼すべきものは夫婦の絆ですね。また、自分がパートナーとして大切な存在である、と自分自身をも信頼すること。

そうして自己評価が高まれば、いろんなことにいちいちブレなくて済むようになります。

すると、失敗を恐れずに行動を起こせるようになる。

ここで「私は何をしたら良いのでしょうか?」の答えになるわけですが、じゃあ質問者さまが失敗を恐れてできていないことは何か。

収入が途絶えることですよね。

もとい。

ご主人さまが仕事を辞められることでしょうね。

となると、妻として愚痴をこぼしている夫にできることは、イヤだったら辞めてもいいよ、と肩の荷を降ろさせてあげることではないでしょうか。

金銭的にそれが不可能であったとしても、まずは肩の荷を軽くしてあげること。ご主人さまを「俺が働かなくては」という”ねばならない”からたとえ一時的であったとしても解放してあげること。

いったん肩の荷を軽くしたら、次の策が目の前に現れてきます。

えー、例えとして適切かどうかわかりませんが、不妊治療をやめたら妊娠する、ってのと同じで(同じですよっ)”ねばならな”ってのはいかに人の可能性を狭めてしまってるかということです。

生活するにはこれだけのお金が必要だ、と思っていらっしゃるかもしれない。それも”ねばならない”です。見直しの余地はゼロではないでしょう。

家の経済状況を保つために自分ができることはない、主人にやってもらうしかない、と思っていらっしゃるなら、それはご自分の可能性を閉ざすことになります。

なにより、お二人で話し合うこと。そこで「あと五年は働いてくれないと」とご自分の不安を出すことはおいといて、まずはご主人さまのしんどさを受け止めてあげること。

これこそがなさるべきことだと思いますよ。

ちなみにサイコロ振ったら山地剥の5爻。

f:id:connectronkobe:20181005100521j:plain

超身も蓋もないご提案としては、生活レベルの引き下げ、節約ですね。パートに出るより節約のほうがお金たまるっていいますやん。

 

ポチっといただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

☆無料占いや↓☆

20140522213653

☆クリックする前にお題を考えるんやで〜☆

 

ギルトフリー(罪悪感からの解放)を目指します

20171116211411

神戸元町コネクトロン https://www.connectronkobe.com/