仮称)コネクトロンのブログです

コネクトロンのブログです

摂食障害の方へ

( ゚∀゚)ノ こんにちは! 
占い(四柱推命・易・タロット)と心理学(NLPビジョン心理学)で
悩みの根を絶ちあなたと幸せをおつなぎする
神戸元町コネクトロン 悩みの探偵:いまぷ です。
ご訪問いただきありがとうございます(^人^)

☆無料占いや↓☆
20140522213653
☆クリックする前にお題を考えるんやで〜☆

当ブログが初めてという方、何を探してたどり着いていただけましたか?
常連のみなさま、いつもありがとうございます!

スマートフォン用ブログカテゴリー
(クリックするとそのカテゴリーの記事一覧が表示されます)
01:許せと言われて許せますか?
02:悩みの探偵
03:コネクトロン
04:ご感想・事例
05:アイデンティティ
06:ヨシヨシ
07:コミュニケーション
08:家族
09:パートナーシップ
10:仕事
11:病は気から、気は病から
12:選択
13:占い・心理学
14:NLP
15:ビジョン心理学
16:四柱推命
17:
18:タロット
19:献血ルーム
20:月間アクセス上位10記事
21:おススメ本・読書メーター
22:雑録

⚪️ブログトップ 
🔵当記事カテゴリー:家族 
🔴当記事タイトル :摂食障害の方へ

みなさんご存知のように(知らんか)私が勤め人生活を断念したのはチビがおかしくなったからです。

この子を置いて外に働きに出て行くことは無理だな、壊れてしまうな、と思ったからです。

稼がなくてはいけない、でも置いていけない、アンビバレンツどころの騒ぎではなく私は頭を抱えました。子供と一緒にいるのが一番よ、という人はお金に困っていなくて、甘いこと言わずに働きに行け、という人は子供を預かってくれるところがあって。私は誰の言葉にも耳を傾けることはできませんでした。

まー、私なんかより大変な状況の方はなんぼでもいらっしゃるのですけどね。今から思えば、なんらしかの打つ手はあったのでしょうけれど。勤め人生活を断念したおかげで今の仕事をすることになったわけですが。正直なとこ、お給料もらう生活のほうが楽でいいな、と今でも思います。

おっと、脱線。

チビの困った症状いくつかあったのですが、最も脅威に感じたのは食べなくなったこと。仕事にでかける際、ご飯を置いていっても食べないのです。私が帰ってから一緒にでないと食べないのです。ヨソのお家に預けても食べないのです。はっきりと、「ぼく、かーか(小さい時はそう呼ばれていた)と一緒じゃないと食べれないの。」と言ったそうです(私には言わないんですけどね。

摂食障害のご相談も多いですが、過食はいいんですよ(よくないけどな)、明らかに穴ぼこを埋める作業なので。穴ぼこの正体がわかったら比較的短時間で解消するんですよね。怖いのは拒食。食べなくて体重が落ちるのはおおげさでなく死に直結なのです。まさに緩慢な自殺なんです。

食べることが楽しくないんです。食べること=食卓にハッピーなイメージがないのです。本当に欲しかった幸せな食卓、それを取り戻していただくことが必要なんですね。でもそれって、一緒に食卓を囲む人が必要です。ひとりではなかなか難しい作業です。

食べることって、本来はひとりで行う作業ではないのでしょうね。食にまつわる問題には必ず家族がからんできます。

本日のテキストはこちら

新編 普通をだれも教えてくれない (ちくま学芸文庫)

新編 普通をだれも教えてくれない (ちくま学芸文庫)

まだ読み出したばかりなんですが、早々に目からウロコがダダ落ちしましてね!落ちたウロコを掃除するのが大変でしたよっ。落ちたウロコのせいで体重が5キロほど減少しましたよ、目からウロコダイエット(違。

十代の終わり、都会に出てアパートでひとり住まいを経験するひとは多い。そのうちどれくらいかはわからないが、少なからぬひとが一度は軽い過食か拒食の経験をもっているのではないかと思う。ひとり暮らしをして知らないあいだにひどくダメージを受けていたのがからだ、とくに食べることだったと、知人の女性が語っていた。1、2分でささっと済ますこともできるし、だらだらと食べつづけていることもある。そのうち、食べるということがいつ始まり、いつ終わるかがはっきりしなくなる。満ち足りたという感覚がないので、つい物理的な膨満感がくるまで、つまり食べられなくなるまで食べることになる。
だれかといっしょに生活していると、食べる時間というのがままならず、人数分の準備から後片付けにまでちゃんと段取りというものもあるので、知らないあいだにきちんと適量、物がからだに入っている。そういうかたちで食もバランスがとれていたというのだ。
中略
ひとはなんらかの心的トラブルに陥ったとき、<食>や<性>といった執拗な自然的欲求に頼ろうとする。が、人間においては「自然」はすでに壊れているので、自然に帰ろうとして、逆に<食>や<性>が逸脱した形態をとることになる。人間の「自然」は、ひとりでは無理、むしろ他人との共同の生活のなかで、かろうじてバランスを保てるものなのかもしれない。

食だけではなくて性もであったか。

健康な食や性を取り戻す前に、適切な距離感、必要な関係を取り戻すことが先ですね。健康な食や性が保たれているということは、適切な関係が保たれているということなのでしょう。

どんな問題もそうですが、いつ、どのタイミングでその問題が発生したか、ということはとても大切です。でもそれはきっかけでしかありません。溜まり溜まったものが飽和状態になったということなので、いつから問題の水が注がれ始めたのか、より過去にさかのぼって探ることはとてもとても大切なのです。現在の問題の根っこは過去にあるのですから。過去の見直しなしに目の前の問題は解決しません。

「家族のための簡単お脈拝見法」講座 満席となりました、ありがとうございます!

◆ポチッといただけると励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ

最後まで読んでくださってありがとうございました。
またのお越しを心よりお待ち申し上げております <(_ _)>

メニューと料金

セッションの流れ

◎ あなたのお悩みに心身両面からアプローチします!
 土曜の夜限定:超お得な「身体と心を診る会」

最新のご予約状況

ご予約/お問い合わせ

◎ お急ぎの方はお気軽に 08038659916 までお電話をどうぞ
 ※お名前とご用件をお残し頂きますようお願いいたします

コネクトロンってこんなところです♪
 ※旧ブログ 「占いだけじゃダメなんです!」

神戸元町コネクトロン(四柱推命・易・タロット・NLP・ビジョン心理学)

営業時間 6:00〜19:00 月曜定休

 
毘沙門天さま  聖フランチェスコ

PVアクセスランキング にほんブログ村