仮称)コネクトロンのブログです

コネクトロンのブログです

毒親の新カテゴリー「謎系毒親」

( ゚∀゚)ノ こんにちは! 
占い(四柱推命・易・タロット)と心理学(NLP・ビジョン心理学)で
悩みの根を絶ちあなたと幸せをおつなぎする
神戸元町コネクトロン 悩みの探偵:いまぷ です。
ご訪問いただきありがとうございます(^人^)

☆無料占いや↓☆
20140522213653
☆クリックする前にお題を考えるんやで〜☆

当ブログが初めてという方、何を探してたどり着いていただけましたか?
常連のみなさま、いつもありがとうございます!

多くの方に読んでいただけた過去の人気記事は こちら になります。

☆お正月1500円企画のお知らせ☆

☆マツイヒロミ水彩画展のお知らせ☆

⚪️ブログトップ 
🔵当記事カテゴリー:ご感想・事例 
🔴当記事タイトル :毒親の新カテゴリー「謎系毒親」

30代女性さま、セッション後のアンケートにご協力いただきました、ありがとうございます!

1:今回コネクトロンのセッションを受けることを決められたきっかけを教えていただけますでしょうか?

数ヶ月前に読書メーター経由で存在を知り、興味を持ちましたが地理的条件からすぐに踏み切るには至りませんでした。職場が急にゴタゴタして精神的に余裕がなくなったことをきっかけに、「もう自力ではいかんともしがたい!」とお願い致しました。

2:問題解決のためにコネクトロンと比較されたものはありますか?(心療内科、占いなど)

セッションの時にサクッと見透かされましたが、占いにはこれまでほとんど興味がありませんでした。ただ半年ほど前にたまたま読んだこのブログが読み物として面白くって、読み耽ってしまったんです。
http://www.dshocker.com
タロット占いをお願いする人がどんなことに悩んでいるのかとか、占う側の人の考えとか、全然知らなかったことばかりで。「一度占ってもらうのもいいかもしれないな、お金を払って話を聞いてもらって、新しい視野で自分をみつめなおしてみたいな」と思い始めました。

でもちょっとこの方とは相性が悪そうかな、私が抱えているものの重さとブログのノリにだいぶ落差があるし、私男性にはすごく気を使ってしまうからつい顔色を伺って「すっごく参考になりましたー☆」とか言っちゃいそうだし。私より歳上で女性の方がいいな、重いものもどんとこいな感じの…と思っていた時に今庄さんのブログを読んで、「お世話になるならこの方」と決めました。

心療内科は問題の根本的な解決にはならなそうだな〜という気がして、かかったことはありません。

3:セッションを受けることに不安はありましたか?

ドキドキしてはいましたが、未知の体験への好奇心と「このどうしようもなさをなんとかしたい!」という気持ちの方が強かったです。

4:セッション前にあった問題の原因は見つかりましたか?

まだ全部はみつかっていないのかな…?

5:セッションは問題解決のお役にたちましたか?

現段階では、新しい問題が提起された感じです…役に立てられるかはこれからの自分次第でしょうか。

仕事には即効性がありました。この数年、ゆるい事務仕事なのに集中力がろくに続かずミスを連発してしまって、「こんな仕事も満足にできないなんて私はなんてダメ人間なんだああああ」と落ち込む日々でした。でもセッションで「本気出さなくても出来るレベルの仕事だからやる気が出ないんでしょう」と言われて、「あっそうだったのか」とすごく腑におちまして。「ミスしちゃダメだ」と思って仕事するのではなく、「かったるいけど、まあサクッと終わらせますか」くらいのノリでのぞんだら、集中力がブツブツ途切れなくなりました。

6:コネクトロンのセッションを薦めていただけるなら、どのような方におすすめいただけますか?

友人知人に何人か、セッションを受けてみたら良い方向に行けるんじゃないかな?という人がいます。自力でなんとかしようと頑張っているうちに、袋小路に嵌まり込んでしまっている人におすすめしたいです。

ACという言葉もいまや死後ですかね。ACの親、子供をACにしてしまう親が昨今は「毒親」と称されているようです。毒親に育てられた子、ACに代わる言葉はまだないようですね(あるのか?)。

みなさんご存知のように(知らんか)先だってこのようなエントリーをアップいたしました。
姫野カオルコ「謎の毒親」

毒親にもいろんな種類があるかと思いますが、姫野式毒親はですね、「謎の」と称されていますように「(゜Д゜) ハア?? 」な印象を子に与えてしまう親、意味わかんね、と困惑と疑心暗鬼の沼に子を沈め込んでしまう親です。暴力を伴うことも無きにしろあらずですが、暴力を前面に押し出されたものよりも子は当惑してしまう。

暴力を受けた場合は、怒りとか罪悪感とかわりとわかりやすい感情が出てくるのですが、謎系毒親の子はですね、なんたって「(゜Д゜) ハア?? 」なので、出す感情もないのですよ。

多いのが根拠に乏しいdisり。意味なく子をdisる。あんたはバカだ、とか、あんたはブスだ、とか、あんたはノロマだ、とか。あらゆる罵倒語を使って子をdisります。ほとんど気分で。しかし、わかりやすい機嫌の悪さもさほどなく、ますます子は困惑してしまうのです。ほんとにバカでほんとにブスでほんとにノロマな方って見たことありません。親もきっと自分の子がバカでブスでノロマだとは思っていないことでしょう。反射的にdis用語が口から出てしまう、褒め言葉が語彙にないのではないかと思われ。

この語彙の乏しさ、言葉に伴う感情の乏しさゆえに「発達障害」というレッテルが謎系毒親に貼られがちなのでしょうね。うん、感情と言葉の乏しさです。

なのでdisられた子は、自分がバカでブスでノロマであるという確信にも到りにくい。バカなの?バカじゃないの?なんせわからないのです。

当然、謎系毒親の子は褒められ体験に乏しいです。褒められていないということは当然低い自己評価となりそうなものですが、暴力的にダメ出しをした毒親よりはさらに複雑なものを子にインプットしてしまうのですね。自分はダメなんだ、という自己否定よりも、なぜそこで認めてくれない?なぜdisる?という承認されなかった巨大な穴ぼこなんですね。

やっぱあくまで「なんで?」「どうして?」なんですよ。何かにつけ根拠に乏しいので、自身の価値観の基準となるものが非常に不安定です。好き嫌い、喜怒哀楽、自分の中に湧き起こるものに、どう対処していいのかわからない。

未読の方がいらっしゃいましたら、目を通していただけるとありがたいです。
フルセッションの流れ
今回のセッション、11番目のプロセス、タイムラインを過去から未来の始めのとこで止まっちゃったのです。未来に進めなかったのです。必要なものは姿を現したのですが、それがイメージできないとおっしゃいました。

提示された問題は職場の去就についてでした。辞めるべきか、残留か。

言葉を交わした印象は、あなた今日しゃべること事前に全部考えてセリフにしてる?でした!!!!もちろんそんな訳ないですよね、こちらが投げかけた言葉に対して極々短い時間で完璧な返答を作成されて、それを読んでいらっしゃるのです。

あったまいいなー!!!!なに、この切れ味の鋭さ、と思ったら命式に傷官が3つもありますしね。ま、これは傷官のなせる技と言えなくもありません。読書メーター経由でコネクトロンを見つけてくださったとのことで、当然読書量はたいへん多いです。インプットの積み重ねがアウトプットに反映されてますね。

が。

感情がないのですよ。セリフの棒読みなんです。

格は偏財、社交の象徴です、他の星の構成から見ても人が寄ってきて仕切ることがお得意なはずです。現状のお仕事を続けることにはメリットがありませんでした。宝の持ち腐れなのです。だってそのお仕事は「とりあえず」食っていくためだけのお仕事でしたから。これまでの選択は消去法で選ばれたものが多かったようです。自身のウォンツやニーズに乏しいのです。当然、選ぶということが出来ません。

目標に向かってがむしゃらに、ということも出来ません。だって目標が絞れないのだから。そのことに対して、やる気がおきない、というお悩みでした。しかしですね、実際はやる気が起きないのではなくて、やる気にブレーキをかけていらっしゃるだけでした。

これ、全然違うんですよ。種火があるかどうかの違いです。種火がない方は、まず火を起こすことが必要です。種火があるのにそれを大きくできない方は風を吹かせるか燃料の投下が必要ですよね。

ブレーキをかけさせてしまったものはおかあさまでした。自分の感情(というか口から出る言葉)によって娘を翻弄する母、気配りのない、デリカシーのない母の姿は自由奔放に見えました。自由にありのままの自分を出してはいけない、母のようになってはいけない、と強くインプットされてしまっていたのです。

つまりこの方の問題は、自分を出せない、でした。自分を出したことがないから自分にどれだけの力があるのかもわかっていらっしゃらない。出してはいけないと思っていらっしゃる方の御多分に洩れず、この方もうっかり本当の自分を出しそうになると叩かれる、潰される、ということを繰り返していらっしゃいました。

うっかり自分を出して叩かれる、という経験をされる方には、確かに嗜好志向的にどちらかといえば少数派の悲哀を味わう派の方が多いのですよ。そして自分の嗜好を出してはいけない、とさらに頑強に蓋をされる、のネガティブスパイラルが永遠に続きかねません。

傷官の多さゆえか、空気を読むことを必要以上に強いられたせいか、思い切って出すことができなかった思考はエッジの効いた言葉となって溜め込まれていました。それは豊富な読書量として確実に潤沢なものをこの方に蓄積していたのです。

惜しむらくはアウトプットの機会が少なかったこと、そして自分にはアウトプットの力は少ないと誤解されていたこと。しかし、溜め込まれたものはいつか必ず飽和状態となって溢れ出す。それがちょうど去年だったようです。

そして去年のイヤーカードが「死神」。

参考エントリー:ジャミロット「死神」

去年、この方に起きた変化こそ出せていなかった本当の自分を出すための最初の一歩だったのです。

いかんせんタイムラインを未来に進めることが出来なかったので目指すべき未来像を提示できていなかったのですが、ほんとうまくセッティングされているものですね、去年の新出会いの中にこの方が目指すべきものを既に体現なさっている方がいらっしゃいました。そしてその方からドンピシャとも言えるメッセージを貰うことが出来たのです。

それが今後すすんでいくべき道です。生きるべき本当の自分です。

頂戴したアンケートに、問題の原因が全部見つかっていないかも?とありますが、現時点で見えている原因は謎系毒親だったおかあさまに翻弄されて、本当の自分を出すことができず、本当の自分がわかっていなかった、持って生まれた潤沢なリソースを発揮できていなかった、ということですね。

解決方法としては、なんとか消えずにくすぶっていた種火を大きくすること、投入すべき燃料は「好き」です。ご自分の「好き」をそれがガソリンとなると認識した上でどんどん取り込んでいくことです。そして当然アウトプットの機会を持つこと。

ほんま、姫野カオルコの本を読んだのはこのセッションの直前でした。謎系毒親というカテゴリーが確立されたことはたいへん有効でしたね。

謎系毒親を親にもつ子供である方、これまでにも少なからずいらっしゃいました。親によってどのようなダメージを受けたのか、どのように傷つけられたのか、「(゜Д゜) ハア?? 」がいかに自分を不安定にさせていたのか、それがはっきりすることでご自身の足元の覚束なさから少しは解放されるのではないかと。

なぜ親が謎系毒親と化してしまったのか、その原因もほじくり返せば出てくるかもしれません。しかし、これといったものを見つけられなかった場合、親の謎さは獲得すべきコミュニケーション能力をなんらかの原因で獲得できなかった発達障害であった、と割り切るしかないのかもしれません。

となると、後は謎な親に翻弄されざるを得なかった過去の自分に対して、しんどかったね、ちゃんと向き合って欲しかったね、とヨシヨシするのみです。これまで発揮できなかった力どんどん発揮なさってください、そして獲得できなかった能力に見合った正当な成果もどんどん掴んでいってください。

◆ポチッといただけると励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ

最後まで読んでくださってありがとうございました。
またのお越しを心よりお待ち申し上げております <(_ _)>

メニューと料金

セッションの流れ

◎ あなたのお悩みに心身両面からアプローチします!
 土曜の夜限定:超お得な「身体と心を診る会」

最新のご予約状況

ご予約/お問い合わせ

◎ お急ぎの方はお気軽に 08038659916 までお電話をどうぞ
 ※お名前とご用件をお残し頂きますようお願いいたします

コネクトロンってこんなところです♪
 ※旧ブログ 「占いだけじゃダメなんです!」

神戸元町コネクトロン(四柱推命・易・タロット・NLP・ビジョン心理学)

営業時間 6:00〜19:00 月曜定休

PVアクセスランキング にほんブログ村