仮称)コネクトロンのブログです

コネクトロンのブログです

(3)自閉と多動

( ゚∀゚)ノ こんにちは! 
占い(四柱推命・易・タロット)と心理学(NLPビジョン心理学)で悩みの根を絶ち
あなたと幸せをおつなぎする神戸元町コネクトロン 悩みの探偵:いまぷ です。
ご訪問いただきありがとうございます(^人^)

☆無料占いや↓☆20140522213653
☆クリックする前にお題を考えるんやで〜☆

当ブログが初めてという方、何を探してたどり着いていただけましたか?
常連のみなさま、いつもありがとうございます!

◆◇◆ 多くの方に読んでいただけた過去の人気記事です ◆◇◆

八方美人はほんとに美人なんだそうですよっ。
「八方美人」は本当に美人(イケメン)なことが判明!

◆◇◆ お困り事はなんですか?悩みの現状チェックなさってみてください ◆◇◆

◎トップ >病は気から、気は病から >(3)自閉と多動

(1)自閉と多動 - 許せと言われて許せますか?
(2)自閉と多動 - 許せと言われて許せますか?

引き続きこちらから

天才とは何か、ということが言葉を変えて何度も定義されているのですが、私がもっとも納得したのは終盤になって現れた「天才とは人が共有する世界に非共有部分を付け加えた人」というものです。

共有ってなによ、非共有ってなによ、って話ですが。

共有とは字のごとく、他者と共有できているものです。非共有とは他者とは分かち合えないものです。非共有とは自分だけの世界、自分しか存在していない世界です。これが自閉症です。

※通常人という表現はこの本の中で使われているものです

閉じこもっている状態である自閉と、開かれている状態である通常人、その間を埋めるのがアスペルガーADHDです。アスペルガーとは自閉の様相を示してはいるけれど言語発達に遅れがないものだそうです(知らんかったよっ)。じゃあADHDってなんなのよ、ですよね。この本を読んで私の中でまとまったものは

自閉症

外になんか出るもんかい!となってます

通常人

自分の世界と外を自由に出入りできます

ADHD

中に入りたいけど入れない、外に出たいけど出られない、2つの世界の出入りのコントロールがうまくできていない状態、と私は理解しました。

ADHDの最たる特徴として「多動」がありますけど、自閉症アスペルガーADHDに共通する問題行動というのが「不注意・多動・衝動性」なんだそうです。そして通常人とADHD者はこの3点が自分に発生した時にその自覚があるのですが、アスペルガ者ーと自閉症者は自覚がないそうで。自覚の有無がまた自閉症スペクトラム者とADHD者を分けることになるのでしょうね。

続きます。

メニューと料金

セッションの流れ

◎ あなたのお悩みに心身両面からアプローチします!
 土曜の夜限定:超お得な「身体と心を診る会」

最新のご予約状況

ご予約/お問い合わせ

◎ お急ぎの方はお気軽に 08038659916 までお電話をどうぞ
 ※お名前とご用件をお残し頂きますようお願いいたします

コネクトロンってこんなところです♪
 ※旧ブログ 「占いだけじゃダメなんです!」

◆ポチッといただけると励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ

最後まで読んでくださってありがとうございました。
またのお越しを心よりお待ち申し上げております <(_ _)>

神戸元町コネクトロン(四柱推命・易・タロット・NLP・ビジョン心理学)

営業時間 6:00〜19:00 月曜定休

PVアクセスランキング にほんブログ村