仮称)コネクトロンのブログです

コネクトロンのブログです

傷に向きあうことはなぜ必要か

( ゚∀゚)ノ こんにちは! 
占い(四柱推命・易・タロット)と心理学(NLPビジョン心理学)で悩みの根を絶ち
あなたと幸せをおつなぎする神戸元町コネクトロンのいまぷです。
ご訪問いただきありがとうございます(^人^)

☆無料占いや↓☆20140522213653
☆クリックする前にお題を考えるんやで〜☆

当ブログが初めてという方、何を探してたどり着いていただけましたか?
常連のみなさま、いつもありがとうございます!

◆◇◆ 多くの方に読んでいただけた過去の人気記事です ◆◇◆

☆ご自身の現状チェックにご利用ください☆
20140701081251
いわば問診票 ↑ です

◎トップ >ヨシヨシ >傷に向きあうことはなぜ必要か

熱いとか痛いとかの感覚が麻痺しちゃうと大変ですよね。熱湯風呂に平気で入れるのはいいですが(あかんけどな)気がつかないうちにどんどん火傷しちゃう。熱い、痛い、って感じることが出来るのは自分を守るために必要なことです。

熱い、痛い、というできれば感じたくない感覚は、自分を守るためにこそ必要なのです。

火事場の馬鹿力ってあるじゃないですか。普段は動かせない重いもの、緊急事態に無意識に動かせちゃったりしますよね。その時は平気です、後からきっと筋肉痛がくることでしょう。だって肉体はダメージ受けてるのだから。

トランスというか催眠をかけて、できないはずのことが出来ちゃったりします。走ることへのブロックがあって、普段は速く走れないのにブロックとっぱらうことによって走れたりします。

でも。

鍛えてない肉体を無理矢理に走らせても、身体にはダメージが残るだけです。

痛みを感じること、傷に向きあうことって本当に大切なことなんです。

重い荷物を背負ってるとしましょう。重いんです。でも、重いと感じたくないから感じないフリをします。身体にはダメージが残ります。

でも、感じたくないので、荷物を背負っているということにもフタをします。身体はダメージ受けてるんです、荷物を下ろすことが必要なんです。でも荷物を背負ってるという自覚がないので、下ろすこともできません。ただ身体がダメージを受け続けるだけなのです。

荷物を背負ってる、って自覚することはとても大切なのです。

傷の場所がわからないと絆創膏も貼れません。痛いのに無理をしていると、我慢のハードルはどんどん高くなっていきます。

いつか飽和状態になります、身体が悲鳴をあげます、心が悲鳴をあげます。

好ましくない感情は、何かを気づかせる機会です。

無理してない?

平気なフリしてない?

まだ大丈夫だって言い張るの?

じゃあ、荷物もっと重くするよ、だって平気なんでしょ?

重いものは重いと言ってください、痛いことは痛いと声をあげてください。それは自分を守るためです。それが自分を大切にするということです。

負荷をあげて筋力をつける筋トレとは違うのです。

犠牲の我慢だけを自分に強いることは、ただ自分を痛めつけるだけのことです。

自分を大切にできていない人が幸せになれるはずもありません。

それはあなたを大切に思っている人を幸せにしないことでもあります。

あなたが自分を大切にしないことによって、複数の人が幸せから遠ざけられてしまうのです。

あなたの幸せは誰かの幸せです。

誰かのためにも自分を大切に。

痛みに、傷に、向きあってください。

☆コネクトロンってこんな↓ところです☆

旧ブログ:占いだけじゃダメなんです!

☆メニューと料金はこちら↓をご覧くださいませ☆
20140701081251

☆こちら↓は土曜の夜限定の超お得メニューです☆
20140701081251

☆ご予約・お問い合わせはこちら↓からどうぞ☆
20140701082049
お急ぎの方はお電話でお気軽に:08038659916
※お名前とご用件をお残し頂きますようお願いいたします

◆ポチッといただけると励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ

最後まで読んでくださってありがとうございました。
またのお越しを心よりお待ち申し上げております <(_ _)>

神戸元町コネクトロン(四柱推命・易・タロット・NLP・ビジョン心理学)

営業時間 6:00〜19:00 月曜定休

PVアクセスランキング にほんブログ村