仮称)コネクトロンのブログです

コネクトロンのブログです

おかあさんのホントの仕事とは?

では、正解です。

では正解です、っていったいどこで出題されてたんだよ!とおっしゃるそこのあなた、問題はこちら

着物生活を始めた当初、出先で帯が崩れたりとかとんでもないことがしょっちゅうあったんですよね。で、いつでもどこでも気付けを直せるように最低限の着付け用品を持ち歩いているわけです。いつどこで脱ぐことになるかわからないですしねwww。

で、昨日の献血ルーム、ヒマだったので献血させていただいたのですが、心電図を取らなくてはいけなくなり、となると着物を脱がないといけない。脱いだ後は着ないといけない。ということで(どういう?)持ち歩き着付けグッズが大活躍だったのでした。無くても着れるんですけどねー、やっぱあったほうがキレイに着れる。


50代女性さま、セッション後のアンケートにご協力いただきました、ありがとうございます!

1:今回コネクトロンのセッションを受けることを決められたきっかけを教えていただけますでしょうか?

自分が嫌い、言いたいことが言えない、鎧を着ているの言葉にドキリとして、なぜ自分はそう思うのか聞いてみたい。と思いました。ちっちゃいちゃんがこの人に聞いてと言ってる気もしました、何故だか。

2:問題解決のためにコネクトロンと比較されたものはありますか?(心療内科、占いなど)

今まで精神分析の本は多数読みました。本と比較していたかもしれません。

3:セッションを受けることに不安はありましたか?

ありました。予約してから、解消できるかどうか不安でした。

4:セッション前にあった問題の原因は見つかりましたか?

見つかりました。自分で想像していたものとは違いました。

5:セッションは問題解決のお役にたちましたか?

役に立ちました。まだ解決はしていませんが糸口を見つけて貰ったのでこれから自分で解決していきたいです。

6:コネクトロンのセッションを薦めていただけるなら、どのような方におすすめいただけますか?

今庄さんの言葉に引っかかる方へお勧めしたいです。問題解決ではなく問題提起になるかも知れませんが提起して貰う事で分かることがあるからです。

3年前でしたかね、遠方からわざわざコアトラを受けに来てくださいましたが、まったくの不発!!!!ま、今と比べたら腕もまだまだでしたしね。

今回はスカイプでのセッションでした。そしたらねー、見事に結界発動。スカイプ落ちるので仕方なく怒濤のメールのやりとりをさせていただいたら、なんか出るわ、出るわ。そんなつもりなかったのに、ちょっと報告ぐらいのつもりだったのに、とおっしゃいました。

日を改めました。その間の時間が必要だったようですね。結界ちゃん、ほんといい仕事してくれますねー。サイコロと結界ちゃん、絶対に信頼しています。

ご本人さまがあまり頓着されてないものに私がひっかかる事が多く、それこそが向きあうべき問題、解決すべきことだよね、と。そしたらそのものズバリのカードが出る。今回も開いたカードに爆笑してしまいました(失礼)。

ブロックしているもの:死の誘惑
得られるもの:愛
もう、やりたいことやりなよ!って思いっきり背中押されてますやんね!!やりたいことあるけど、出来てないのです、一歩を踏出せていないのです。

なぜ踏出せないのか、から始まりました。

私が自分のやりたいことやっていいのか、自分のことで一生懸命になったら家庭がおざなりになってしまうのではないか、という不安をお持ちでした。この不安の根っ子となるものはセッションの後半で出て来たのですけど、この時点で私がひっかかったのはご主人様のこと。

ご主人さまに自分がやりたいこと言えてますか?ってお尋ねしたら、「そんなこと言っていいんですか!!」と度肝を抜かれる発言ですよっ。せんだってのメールのやり取りでは、主人には言いたいことが言えている、主人は私の一番の理解者だ、と書かれていた舌の根も乾かぬうちにですよー。

そしてこれまたありがちな事で、その後は一生懸命に「うまくいってる」「言いたいこと言えてる」って言われるんですよねー。もう、誤摩化せませんからwww

そして発言にたいへん多かったのが「思ってると思う」というもの。主人はそう思ってると思う。会社の人はそう思ってると思う。実際に相手の言葉を受け取ってるわけじゃないんですよ。言うべき言葉を飲み込んでいながら、それにはこんな反応が返ってくるだろうな、と勝手に判断されているのです。言葉のキャッチボールは出来ていないのです。ご自分の本音も出していないなら、相手の本音も受け取れていないのです。

タイムラインも一通りできたのですが、素面に戻ってからが強情でした。でも、でも、と繰り返されます。そこで強力な助っ人があらわれました、娘さんです。娘さんは妻として嫁として滅私奉公状態のおかあさんを見て「おかあさん見てたら、結婚なんてしたいと思わない」と仰るのだそうですよ。娘にここまで言わせたらあきませんやんねー。

家庭におけるおかあさんの仕事とは、家族のために自分を犠牲にすることではありません。おかあさんは家庭の太陽。やりたいことやって、ニコニコしてるとこ見せて、私もおかあさんみたいに成りたい!と子どもに思ってもらえることです。家族のために自らに犠牲を強いるおかあさんの姿は、犠牲の連鎖となります。

子どもにはやりたいことができる人生を送って欲しい、と思うなら、まずは自分から、ですよね。

「でも」テイストを完全に払拭できたカンジは無かったのですが、これ以上は堂々巡りかなと思ったのでサイコロさんと相談の上宿題を出して終わりにしました。

そしたら!

意外なことに(失礼)早速と宿題をやっていただけて、それが予想を上回る成果となりまして、これまで抱いていた不安の数々はまったくの危惧でしかなかったのです。

やりたいことに一歩を踏出していただけました。そしたら、とてもステキなご縁が繋がりましたよー。これについては、数ヶ月後にご報告させていただくことになるのではないかと。

夢に向けて一歩を踏出していただけました。それはもちろん、私の夢でもあります。みなさんの夢を叶えるお手伝いをさせていただける事が私の夢ですから。みなさんが一歩を踏出された時、それは私も歩を進めることができたということです。