仮称)コネクトロンのブログです

コネクトロンのブログです

商売がうまくいかないのはなぜ?

40代女性さま、セッション後のアンケートにご協力いただきました、ありがとうございます!

1:今回コネクトロンのセッションを受けることを決められたきっかけを教えていただけますでしょうか?

停滞感。焦燥感。
なんかくすぶっている感じがあったので。

その理由も原因もいくつも思いつくのですが、根本的にどこの何を解決すればいいのかわからなかったので。自分の問題が何なのか見極めたかったので。

2:問題解決のためにコネクトロンと比較されたものはありますか?(心療内科、占いなど)

ありません。

3:セッションを受けることに不安はありましたか?

ありません。

※うそー、前の日から胃が痛かった、って言ってたやんwww

4:セッション前にあった問題の原因は見つかりましたか?

みつかりました。

5:セッションは問題解決のお役にたちましたか?

はい。

見つけていただいた問題に向き合って、できなかったことをでるように、してこなかったことを少しずつ、一つずつ積み上げていくことが必要なんだと痛切に感じました。

6:コネクトロンのセッションを薦めていただけるなら、どのような方におすすめいただけますか?

何だかわからないけれども上手くいかないと感じている方に。その原因を探って自身の問題と向き合える方に。

アホらしくツマラナイ問題と思われるようなことでも親身になって真剣に原因を探ってくださいます。そして原因に対する対処法も一緒に探ってくださいます。

セッションを受けた後に、大きな問題を一気に解決できる方もいると思いますし、時間をかけて少しずつ解決していく方もいると思います。

いずれにせよ解決の糸口をみつけてくださいます。

7:この内容をブログで公開させていただいてよろしいでしょうか?

はい。

スカイプでヒサシぶりに2度目のセッションでした。途中、サイコロのお題を何度か頂戴してました。

問題となるのはいつもお商売のこと。思うように展開できない、お金のことでいつも頭が痛い。

が。

出て来るのはパートナーシップのことばかり。商売ちゃうで、問題はお金と違うで、ダンナさんや、ダンナさん、とサイコロもカードも実にしつこく言うのです。それをお伝えする度に「何が問題なのかさっぱりわからん。ダンナとはうまくいっている。」とおっしゃるのです。

ふっ、そんな言葉を私が鵜呑みにするとでも?おばちゃんは騙されへんで!!!!

石を投げれば「うまくいっている=もめ事が起きないこと=もめ事を起こさないために自分を抑えている」という人にぶつかりますよっ。あなたも、そこのあなたもそうではないですか????

ああ、おばちゃんはほんとに頭が痛い。どうしてみんなそうも自分を出して人とぶつかることを恐れるのか。もちろんうっかり出してしまって頭を押さえつけられる過去があるからこそですが、自分を抑えているということに自覚の無い方がほんっと大杉。

しつこく言いますよー、自分を抑えてるから、自分のアンテナをちゃんと働かせてないから「何がやりたいかわからない病」になるのですよ。そして自分の力を発揮することで得られるはずの本来の成果が得られないのですよ。やりたくてやってることが成果に繋がらないのですよ。そして、やりたくてやってるはずなのに、これほんとにやりたいことなのかしら?と疑心暗鬼になるのですよ。

お商売の進め方についてサイコロのお題を頂戴したのですが、サイコロさんが「問題はそういうこととちゃう!」と実に厳しく言うのです。そしたらようやくあきらめてセッションを受けてくださったわけですwww 

サイコロさんの指示は的確ですわ、ほんと信頼できますわ。

ダンナさんのことが問題になっているということは、根っこはおとうさまのはずです。

コロリン

出た、山風蠱!もう躊躇なくおとうさまのことを攻めていきますよっ。

前回のセッションでおかあさまのことは出てきました。おかあさま由縁の穴ぼこは自覚していただけたのですが、おとうさまについてはまったく無自覚でいらっしゃいました。おとうさまに抱いていた感情が出てきて、そこからダンナさまに抱いていたものも見つけていただきました。実はかなりのテヘラーさんでいらっしゃるので、引っ張り出すのにちょっと手こずりましたけどね。

このテヘラーな部分も私にはずっともどかしいとこでして、お商売ってさ、扱うものに関わらず「これ、いいよ!」って自分が訴えたものを買っていただくことだと思うんですが、その「これ、いいよ!」が全然伝わらないのですね。「これ、いいよ!」のボールを投げようとします、よっしゃ、かかってこい、と受けとめる準備をします、でも「いいと思ってるのは私だけで、別にいいかも」って明後日の方向に投げちゃう感じなんですよね。伝える、ということを大変重要視なさっていると思うのに、ここぞというところで「てへ♪」をされることに、何度か怒ったと思います。テヘすんな!!って。私のもどかしさも伝わってなかったかと思いますが。

テヘって鎧ですからね。マジメにボール投げて、それがマジメに投げ返されることを恐れているわけですからね。「これ、いいよ!」が伝わるはずありませんやんね。

キャッチボールがうまく出来なかったのはおとうさまと。そしてキャッチボール出来なかった痛みを再度味わうことのないように、向き合うことをなさっていなかったのはご主人さまに。最終的に出てきたお商売の滞りの原因は、やはりご主人さまでした。ご主人さまにご自分を出すことへの怖れがありました。抑えていらっしゃいました。

ちょっとこれを復習してくださいね。
私ってアホなの?
「怖い」の鎧を脱がれた方、いかに自分が聞いてなかったか、受け取ってなかったか、そして自分が発したものが相手に伝わってなかったか、ってことが分かっていただけたかと思います。お商売において「これ、いいよ!」が伝わってなかったことはある意味致命的だったのではないかと。

商売とは物を売ることではなくて、「これ、いいよ!」を伝えることですよ。

お商売がうまくいかないという方、あなたがすべきことは集客セミナーを受けることでもコンサルを頼ることでもなく、自分がいいと思うものを躊躇なく「これ、いいよ!」と発信することですよ。

発信のやり方がよくわからない、という時点で発信のやり方のプロを頼るのは有効ですよね。「これ、いいよ!」発信の専門家はこちら。
神戸の販促企画事務所ブランシュ:則枝美香さん