仮称)コネクトロンのブログです

コネクトロンのブログです

なんであやまる必要があるの?

ご相談内容を記事化させていただくことにご快諾いただきました、ありがとうございます!

仲違いをしてしまった相手に対しどうすればいいか、というお題を頂戴しました。

1:謝罪する
2:何もせずに待つ
3:あきらめる

何をやらかしてしまったのか、ということはお尋ねしませんでしたが、一方的に怒ってしまわれ、謝罪の意を伝えても剣もホロロの状態だそうです。

でた結果はですね、1でも2でも3でもなくて

横暴なダメ男と認めること、でした。出た卦の説明は省きますが、

あやまるって、(゜Д゜) ハア??

待つって、(゜Д゜) ハア??

あきらめるって、(゜Д゜) ハア??

ってカンジだったのですよ。

つまり。

あんた、なんも悪いことないやん!!なんです。

機嫌をそこねてしまった

私が悪いんだ

あやまらなきゃ

たとえこの男性の機嫌をとって元の鞘に収まったとしても、顔色をうかがい続けるという状況が続くことは火を見るより明らかです。ぶっちゃけDVまっしぐらです。

お付き合いを始めた当初とはえらいこと印象が変わってしまったとのことで、つまり、本性を現した、ってことですよね。始めの印象の良さを払拭することが出来ず迷っていらっしゃったとのこと。

まー、これってまるっきし過去の私。いきなり暴れ出した元配の姿をどうにも理解することができず、一気に「私が悪いんだ」となってしまったのです。ここで関係が決定されてしまいましたよ。暴れるほうが悪いんだ、という考えは微塵も頭に浮かばなかったのです。私が悪いから暴れてるんだ、と。

こういう関係、端から必ず言われるのが、あなたに甘えてるのよ、あなたにしか本当の自分を出すことができないのよ、なんですよねー。ここで、そうか、この人には私が居なきゃだめなんだ、となるともう終わりです。相手の手中にがっつりとはまりこんでしまってます。

そんなことで機嫌そこねるほうがおかしいわ、そんなことで暴れるほうがおかしいわ、これが正常な考えです。

この人を逃してしまってはもう他にいない、というパターンもありますね。こっちのほうがマシかも。いずれにしても搾取されるだけの存在になってしまいますが。

ああ、いかん、いかん、つい熱くなってしまった!

自分が一方的に我慢を強いられることでしか成り立たない関係はハッピーなものではありません。顔色をうかがい続けることが必要な相手など、本当のパートナーではありません。

そうそう、ごめん、ってのが口癖の方がいらっしゃいますよね。あやまってばかりの方。なんでもかんでも自分が悪い、って思っちゃう。すいません、を頻発する方も同じです。
参考拙記事:あなたを受け取り上手から遠ざける最強NGワード!!

あやまるしかない関係よりも、ありがとう、を言える関係のほうがステキですよね。もちろんあなたがありがとう、と言ってもらえることも必要です。

そばに居てくれてありがとう。

そう言ってくれる人と寄り添い続けていってくださいね。