仮称)コネクトロンのブログです

コネクトロンのブログです

ラブホテル

こんにちは (*゚▽゚)ノ
神戸元町コネクトロンのいまぷです。
ご訪問いただきありがとうございます。

***初めての方はこちらをご覧下さいませ***

記憶ってなくならないです。忘れてるんじゃないんです。仕舞われているだけです。ぼのぼのにしまっちゃうおじさんっていましたねー。潜在意識っていわばハードディスク。顕在意識はメモリ。ハードディスクから必要なものをメモリにひっぱりだしてくるってカンジです。ということは(どういうこと?)クラウドってのは集合無意識かしらね。

☆トップ >愛情乞食 >ラブホテル

まだまだ終わらぬ愛情乞食。今日は多分、長いです。

自己開示が半端ないと言われている私ですが、そんな私でもまだ開示してないことがありましたよ。あえてしてなかったのではなくて、ほんとすっぽ抜けてました。それ、思い出しました。ハードディスクに隠れてるのを見つけました。

みなさんご存知のように(知らんか)、私は甘いものが苦手です。でもアンコは食べます。アンコと赤ワインの組み合わせは最強だと思っています。川島なおみの血管に流れてるのが赤ワインなら、私の血管にはアンコが流れてる(流れへんっちゅうにっ)と思うくらいアンコが好きな時もありました。

会社員時代、私は毎日のようにアンパンとカップ酒を買って帰る、ということをしていました。それを言うと周囲からは顰蹙の嵐だったのですが、日本酒はわかるけどなんでアンコなの?と言われ、好きだから、としか答えられなかったのですがある時思い出しました。

そうだ、ウチってあんころ餅屋だったんだ。赤福のようのうなあんころ餅、それを製造して国鉄(JRではない)のホームや売店で販売するという仕事をしていました。家には小さい私が「アンコのプール」と称していた、アンコを貯蔵しておく四畳半ぐらいの場所がありました。いつもそこに手を突っ込んではアンコを食べてました。甘いものの食べ過ぎのせいでずーっとガリガリでした。この子は甘いものばっかり食べてるから細いんだ、って周囲の大人からは言われてました。太るのではないのですよ、過剰に摂取すると糖は排出されてしまうのですよ。糖尿病もどきだったらしいです。そういや健康雑誌であんぱんダイエットとか見たことあるなー。

ま、それは置いといて。

あんころ餅屋をしていたからアンコが好きになったわけでもないでしょうし、あんころ餅屋をしていたから大人になってアンパンと日本酒を一緒に嗜むようになったわけでもないでしょうけど、あんころ餅屋をしていたことを忘れていたわけでもなかったのですが、ほんと、その記憶が脳内メモリ上にあがってきたのです。

こんな感じで「思い出す」ことってよくありますよねー。その作業がトランスに入っている時にはやりやすいのですよ。

みなさんご存知のよ(ry)、占いは神戸の地場産業なので占い師率が非常に高いです。チビが小学校の時に、同級生のおかあさんで占い師をしてる人が5人もいました。

※いまだったらPTAの集いとかで、私タロットやってるの、えー私も、私も!とかってなってそうですね

それと同じように(同じなのか?)、私が小学生の時、同級生で家業が旅館って子がこれまた5人いました。旅館っても温泉旅館みたいにでかいのじゃないですよ。今のようにビジネスホテルとかも無い時代なので、出張サラリーマンのための朝食だけがついてる寝るためだけの宿、ベッドじゃなくて畳のね。アルミ、銅器、薬品、そういった産業がそこそこ盛んだったので、そういった関係の出張族用の宿でした。

うちもそうでした。

はい、あんころ餅屋をやっていたのは私が小学校にあがるまで。小学校以降は旅館だったのです。いえ、旅館ではありません(どっちやねん)。屋号には「ホテル」とついてました。和室もありましたが、ベッドの部屋もありました。ベッドの部屋には壁に宝石が埋め込まれていました。

子どもの私にはガラスの装飾が宝石に見えました。学校で先生に嬉しそうに言ったのを憶えています、お客さんの部屋には宝石がいっぱいなんだ、と。先生は、へー、すごいね、と言ってくれました。先生は家庭訪問をしてるので、ウチが何をやっているのか、どんな家なのかわかっています。

大人になってからわかったことですが、あんころ餅屋は国鉄の都合で廃業せざるを得なくなったそうで、そのかわりに旅館業を始めたらしいのですが、不動産屋にそそのかされて半分騙されたようなものだったらしいです。経営は楽ではなかったようで、祖父が「東尋坊に行きたい(飛び込み自殺したい、の意)」と泣いていたのを憶えてます。客室にはすべて列車の名前がついてましたよ、雷鳥とか白鳥とかつばめとかね。

旅館の雑多な作業をとりしきる「おねえさん」が何人もいましたが、まー、強者ばかりです。ほとんどが水商売あがりの訳ありな人ばかりでした。ま、どんな訳ありだったのか、ってことがわかるのも大人になってからですが。ポン中(ヒロポン中毒)、アル中(ALFEE中毒ではない)の方もいましたよ。

そう、大人になってから、そうか、あれってそういうことだったのか!とわかることが非常に多いですよね。子どもの時って大人と同じようにわかることは出来ないですけど、さんざんいろんなものは見聞きしているのですよ。

ただ、自分が見聞きしたものを大人に伝わるように発信する概念やボキャブラリーが無いだけなんですよ。見てるし聞いてるし感じてるし。インプットされてるものがたーくさんあります。

大学にはいって、クラブの先輩が何人か遊びに来てくれました。ウチ、旅館やってるから泊まりにおいでよ、と声をかけたのです。彼らがウチに着いたときの驚いた様子。彼らがなぜそのような反応をするのか最初はわかりませんでしたが。

が。

今庄さんちって連れ込みやったんや

と言われ、すべてを理解しました。ウチって連れ込みだったのか(連れ込み、というものの存在は知っていた)。それまで不可解だった「ご休憩」という言葉の意味もようやく納得しました。

ご休憩専門の宿ではなかったですが、あきらかにその用途を目的とした部分もあったわけです。子どもの私が宝石がいっぱい、と感じた内装などもそうでしょう。まー、これまた大人になってからわかったことですが、今でいうところのホテトルかな、プロの女性を呼び寄せる、ということもお客さんに求められてやっていたようです。

自分ちが連れ込みだなんて思ったことなかったですが、連れ込みというものの存在を知っている人からしたら、ウチは連れ込み以外の何物にも見えないようでした。と、理解しました。

そっかー、私ってあんころ餅屋の子だと思ってたけど、連れ込み宿の子だったんだ。

さあ、そこからすべてが繋がった、ってカンジでしたね。今まで見聞きしていたいろんなこと、言葉にできない違和感や嫌悪感、それってそういうことだったんだ、とつまりセクシャルなことへの気付きがあったわけですよ。あれって性にまつわる事象だったのか、と納得したのです。

子どもが自宅兼店舗の中をうろちょろしてます。見るつもりはなくてもいろんなものが目に入ってしまいます。お客さんから「いたずら」もよくされました。それも当時は何をされたのかわかりません。大人になってから、自分がされたことの意味を知るのです。
参考拙記事:
自分の子どもがそれをされたら平気でいられますか
何かされてなきゃイヤだと思っちゃいけないわけじゃない

連れ込み宿の子め!と面と向って言われたことはないですが、陰で、ほらあの子ってね、という気配は多分十分に感じていたと思います。ほら、あるじゃないですか、聞かれて困ること話してて、そこに当人がやってきたら慌ててやめる、みたいな雰囲気。そういうイヤーな感じ。ああ、あれってそういうことだったのね、と納得しますよ。

ジャズミュージシャンの菊地成孔、知ったのは音楽ではなくその著作だったのですが

歌舞伎町のミッドナイト・フットボール -世界の9年間と、新宿コマ劇場裏の6日間- (小学館文庫)

歌舞伎町のミッドナイト・フットボール -世界の9年間と、新宿コマ劇場裏の6日間- (小学館文庫)

歓楽街を指向するその感覚とルーツに非常に納得するものを感じまして、なんつか、清潔な住宅街にはない猥雑なもの、幼い子どもが性に関わる仕事をしている「おねえさん」に意味もわからず感じるもの、小さい頃には言葉にできなかったいろんなものが自分を構成する要素となっているのですよ。概ねそれは明るいものではなく、なんとなく自分に影を落とす物として。胸をはれるものではないのです。こんなとこに育っちまったよ、と。だから明るいとこ苦手なんだよ、清潔なもの嘘くさくてイヤなんだよ、いろんなものいっぱい見ちゃったんだよ。そういうものと無縁だった人はノーテンキでいいよね。

さ、長々と書き連ねましたが、今日いいたかったことはこれだけ。

子どもはほんとにいっぱいのものを見聞きして感じてる。傷ついてる。そのせいで、自分はダメなんだ、って思ってしまってる。幼少期の環境の影響って半端ないです。その記憶、ハードディスクの奥底に格納されてます。

よく、小さい頃のそんなことが影響してるって思わなかったです、と驚かれる方が多いですが、ほんっとに強く影響してます。どでかい穴ぼこが形成されてます。

気持ちを訴える術を持たなかったあなたのちっちゃいちゃんの声に、どうぞ耳を傾けてください。言葉にできなかった感情を言葉にしてあげてください。

うん、私がやってる作業ってそれなんですよ、言葉にできなかった埋もれた感情をきちんと明文化する、です。

出し切って、手放してください。それが一歩を踏出すための、第一歩です。

追記:
母ともめた時に、お客さんにこんなことされてた、って訴えましたが、やっぱしなんで逃げなかったの?とか、なんで大声ださなかったの?とかってありきたりな対応でしたよwww 連れ込みやってるって言われた、って言ったら、私だってあんころ餅屋の娘め、って言われたわよ、って。ほんと、欲しかったのは「イヤだったよね」の一言だけなんですが、最後までそれは母から得ることはできませんでしたYO!!

メニュー料金アクセスご予約はこちら

最後まで読んでくださってありがとうございました。
またのお越しを心よりお待ち申し上げております <(_ _)>

◆ポチッといただけると励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

◆JR・阪神電車元町駅より鯉川筋を山側に徒歩7分
◆トアロードNHKより西に徒歩3分
◆月曜定休(献血ルームにてボランティアのため)
◆営業時間:10時〜19時(時間外も対応いたします)

メニュー/料金
セッションの流れ
最寄り駅からの道順
お客さまの感想
よくある質問(FAQ)

お問い合わせ・ご予約フォーム(PC) 24時間受付
お問い合わせ・ご予約フォーム(携帯) 24時間受付
◆電話:08038659916 8:00 ~ 21:00 受付
(お名前とご用件をお残しくださいますようお願いいたします)

占いとNLPで悩みの根を絶ちあなたと幸せをおつなぎします

神戸元町コネクトロン