仮称)コネクトロンのブログです

コネクトロンのブログです

PTAがイヤなわけ

こんにちは (*゚▽゚)ノ
神戸元町コネクトロンのいまぷです。
ご訪問いただきありがとうございます。


心屋塾の塾生か?しかしこれをやってるのがネイルサロンだというのが不思議なとこで。いろんなもののおいしいとこ取りですね、次はカラーのメニューが増えるかも。

***初めての方はこちらをご覧下さいませ***

☆トップ >愛情乞食 >PTAがイヤなわけ

うちのチビは18歳です。ということは(どういう?)私のおかあさん歴は18年なわけです。

幼稚園が3年、小学校が6年、中学校が3年、高校が3年、で幼稚園の前にプレスクールみたいなとこ1年ほど行ってたので計16年、PTA的なとこに携わっているわけです。16年たっても、まだイヤなんです。

PTAに限らず、ママ友付き合いってのも苦痛でしかなかったですけどね。ま、ママ友にしてもPTAにしても、お付き合いが続いている方は大変少ないけどゼロではないですね。続いてる方ってのはどういう方かというと、子育て以外での共通言語があった方です。

自分の子どもとダンナのことでしか自分を語れない人に、私はうんざりしていたのです(あ、ちょっと言い過ぎ?これ、腹黒ブログのほうに書いたほうがいいかしら?)。

どうやら私は、自分を「おかあさん」ってカテゴライズされることがなんかイヤだったようです、今を思えば。

PTAってのはおかあさんの集まりです。ま、たまにおとうさんとかおばあちゃんとかおばさんがいたりもしますけど。基本的にはおかあさんばっかりです。PTAの集いとはおかあさんという単一要素の集合体に自分がどっぷりと浸かることなのです。おかあさんとして、他のおかあさんと対峙しなくてはいけないのです。

あれはいつ頃だったかなあ、とにかくPTAがイヤでイヤで仕方なかった時、なんでこうも私はPTAがイヤなんだろう、と考えていて、みなが後ろに家族を背負っていること、それを全面的に出されることが重いのだな、と感じました。

そう、やっぱり苦手なのは「家族」なんですよ。家族という関係性にまつわる諸々のものが私は苦手なのですよ。おかあさんというのは家族の中における役割の最たるものですよね。

Sunny 2 (IKKI COMIX)

Sunny 2 (IKKI COMIX)

というわけで(どういうわけ?)昨日の朝もPTAいくのイヤだなー、と思いながらラーメン食べながら松本大洋を読んでいたのですが、実は私、松本大洋の熱心な読者ではありませんで、家にある松本大洋の本はいただいたものばかりなのですが、唯一これだけは自分で買ってます。

星の子学園の子たちには来てくれない親のかわりに足立さん、牧男くん、高田さん、吉野さんが交替でいろんな教室をまわります。授業参観が終わったあと、学園への帰路、みんなが足立さんではなくて牧男くんの車に乗りたがります。足立さんに悪態をついた春男も牧男くんの車に乗りたがりましたが、牧男くんは足立さんの車にのって足立さんにちゃんとお礼を言いいなさい、と戒めました。足立さんはみんなに不憫な思いをさせないように、と時間割とくびっぴきでいろんな教室をまわったのだ、と。そのことに対してお礼を言いなさい、と。

しぶしぶ足立さんの車に乗った春男、しかし「ありがとう」はなかなか言えません。言えないありがとうのかわりに春男は「あだちてなんで星の子で働いてんの?」と尋ねました。すると足立さんは

そやからこないして春男とドライブできてワシ幸せ者やっ、と答えました。

ここでわかりました、あー、そうか、私は授業参観に来てもらえなくて寂しかったのだな、と。母が学校行事に顔を出したことはありませんでした。授業参観とかPTAとかよそはおかあさんが来てるのに、私は来てもらえてなくてイヤだったのだな。

PTAって自分の子のためにって来てるおかあさんばっかりだからイヤだったのだな、羨ましかったのだな。子どもの為に、ってPTA活動できてるおかあさんが妬ましかったのだな。

自分だって同じおかあさんなのに、意識は小学校あたりで止まっているようでした。

自分の親が来てくれなかったからといってPTAがいやになるなんて逆恨み(?)もいいとこですが、子どものために学校にやってくる親が集う場としてのPTAってのは私の欠落感を徒に刺激するだけのものだったようです。

PTAのご用でおかあさんが学校にやってきて、それを見つけた子どもってたいてい嬉しそうじゃないですか。あ、おかあさんだ!ってカンジで。あの光景が羨ましかったのでしょうねー。子どもとダンナのことだけを熱っぽく語れるおかあさんが羨ましいのでしょうねー。

そんなしょーもないこと、と思われるかもしれませんが、まー、違うもので例えるなら、運動会でお弁当を家族で囲んでいる子と教室で先生と食べている子、自分の子が後者であるとするならせつなくないですか?不憫じゃないですか?

ほかの子は親と一緒にいれる時に親と一緒に居られない子は「カワイソウ」なんですよ。

こんなダメ母ですけど、最低限の親の役割はできてるからヨシとしよう。そして、それをさせて貰えてるのは幸せなこと。だって欲しかったのに手に入らなかったものを与えることが出来ているのだから。

さーて、原因がわかってこれからはPTAが平気になるかしら。あと残り僅かなんだけどwww

ほんと、家族の問題は今世で解決できそうにありません。来世に持ち越しです。さっさと来世に行きたいよー。

メニュー料金アクセスご予約はこちら

最後まで読んでくださってありがとうございました。
またのお越しを心よりお待ち申し上げております <(_ _)>

◆ポチッといただけると励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

◆JR・阪神電車元町駅より鯉川筋を山側に徒歩7分
◆トアロードNHKより西に徒歩3分
◆月曜定休(献血ルームにてボランティアのため)
◆営業時間:10時〜19時(時間外も対応いたします)

メニュー/料金
セッションの流れ
最寄り駅からの道順
お客さまの感想
よくある質問(FAQ)

お問い合わせ・ご予約フォーム(PC) 24時間受付
お問い合わせ・ご予約フォーム(携帯) 24時間受付
◆電話:08038659916 8:00 ~ 21:00 受付
(お名前とご用件をお残しくださいますようお願いいたします)

占いとNLPで悩みの根を絶ちあなたと幸せをおつなぎします

神戸元町コネクトロン