仮称)コネクトロンのブログです

コネクトロンのブログです

修羅道(あえて読みにくくしています)

2〜3日前の新聞で見たんだけど、その記事とっておかなきゃ、と思いながら古紙回収に出しちゃったよ!ネットで探したけどどうにも見つけられない。どこぞの精神科の先生がメールで無料相談を受付ていて、毎日莫大な量の相談に対応しているとのこと。ああ、こんなこと出来たらいいなあ、って思った。ツイッターで志茂田景樹さんがちょっとした相談に答えてるけど、あれも憧れ。憧れとんやったらさっさとやれや、と言われそうですが、精神科のセンセも志茂田景樹センセも本業でがっつり稼いでいらっしゃるからこそできることで。志茂田センセなんてその相談まとめて出版してるしね。無料でやるってことにまつわるイヤな思いも、もう味わいたくないしなー。占い師さんのブログとかHPでは、個人的な相談をメールで送りつけてくるのはやめてください、ちゃんと仕事として依頼されてないものにはいっさいお答えしません、と明言されてるとこも多いしね。タダでやっちゃうってのは、ちゃんとお金払ってくださってる方に失礼なことなんですよね。コメント欄で個人的な相談を延々とする人とかいますよねー。それに答えるって料金発生するレベルだよ、って見てて思うことある。でも、書きたい、言いたい、って気持ちをいかにタイミングよく掬い取るか、ってことが大切だなあ。それ逃したら出せなくなる怖れがあるもんね。占い師になるためのアドバイス的な本で、料金を前もって振り込みにさせるのはやめろ、ってあった。今ききたいのに、ってタイミングを逃させてしまうから、って。まあ、急を要さない相談もあるかもしれませんけど。私なんて「なんかもやもやしちゃって」ってご相談が多いから、そういう方はそれこそ一刻も早く、ってカンジなんですよね。とにかく早く楽にして!みたいな。相変わらずメニュー改訂に悩んでいるんですが、今朝ツイッターでももふくさんRTされてる記事を読んで目を覚まさせられたとこあって
誰かに助けを求めるって、とてもとても勇気がいるし、パワーがいることなんだなと。
そうかー、みんながみんな困った時にたすけてー、って言えるわけじゃないんだ。言ってもらいやすくすることが必要なんだ。それしなきゃ、ってすごい思わされました。声をかけてもらいやすくすること。助けて、って言って貰いやすくすること。そういう発信のやり方を考えないと、アンモナイト。で、メニュー改訂で悩んでるのはつまり値段のことなんですよね。そのへんの占いハウスってだいたい10分1000円、当初はそれが基準の価格設定だったんですが、えー、ぶっちゃけお釣りを用意するのが面倒だった(こら、こら、こらーっっっ!!)。なのでお釣りが要らないように、90分に命式をつけて1万円にしたんですよ。なんで昔は90分でまとめられてたのか不思議でならん。ま、突っ込み方が今より浅かったんだろうな。難物件が増えてくるにつれて、2時間、下手すりゃ3時間超えるってケースも出てきました。追加料金をいただくことも考えたけど、時間を気にしてやりたくないし、お金のこと気にされて気持ちにブロックかかることは何より避けたいし。まー、定められた時間内で丸めることができないという私の力不足ゆえなんですけどね。30分や60分のコースもありますけど、なんやかんや掘り出してなかなかその時間内でおわらない。1000円お茶会でも重いテーマを扱うことになったりとか。ほんとのお話だけ、とかまずないので、逆にサイコロやカード使えないとなると話すすめられないとこもあるし。お話だけだったら、1000円なんていらんからワインぶら下げて遊びにきてくれたらよろし。あーでもない、こーでもない、とずーっと考えてばっかでちっともまとまらないって時期がどんだけ続いてるか。で、消費税が8%になるじゃないですか。消費者もたいへんだけど、同じく原材料の消費者であるところのお店の方、外食産業の方がほとんど悲鳴をあげてらっしゃいますよね。そらー、たいへんだわ。消費税があがったら、その分値上げ、ってやりたいとこだけど、それをやるとお客さんが離れていってしまう。そらー血の汗ながすような営業努力が必要ですよね。ぶっちゃけ、値上げしたかったんですよ。安すぎる、ってよく言われるし。でも値上げできなかったのは、お金がなくて来れない、って人の姿を見たから。献血ルームでとか、生活保護の方とか母子家庭の方とか、大切なお金をよくぞ私のところに!と身が引き締まる思いです。そのお金をつくるために必死になる、安くしては結果を大切に受け取ってもらえない、まー、集客セミナーなどでよく言われることです。でも、ほんっとにお金が無いと来れないんですよ。ほら、笑い話によくあるじゃないですか、病院の待合室でお年寄りが、なんとかさんご無沙汰だったわね、体調悪くて来れませんでした、っての。あれと同じ状態では困るんですよね。体調が悪いときにこそ、ちゃんと手当をしないとね。値上げが悩み相談のハードルをあげることになっては困るのですよ。ウチはスピ系の高額セッションを好まれるような方は無縁なのでwwwみなさんご存知のように(知らんか)、敷居が高い、来るのに覚悟がいる、と悪評のコネクトロンです。来にくいのは値段のせいじゃない、安くしたって来やすくなれるわけじゃないならいっそ高くしてしまえ!より覚悟を必要とさせてしまえ!とかって思ってたんですけどねー。しかし値上げに対してサイコロ振ろうと思わなかったのは、やっぱそこが本当のテーマじゃなかったからだろうな。で、数日前の某カリスマ手相鑑定士さんのブログを読んで、これか!と気付かされたことがありましてね。あの、予約がとるのがとても難しいという鑑定士さんの、せっかくとれた予約をぶっちする人がいるというのですね!!それ読んで、ねえちゃん(ねえちゃんかにいちゃんか知らんけどな)いい度胸してんなー、って心底思いましたね!!!どんなにいいものであっても、万人に受け取ってもらえるものはないのだな。ま、それこそステージが違うってことなんだなあ。予約をぶっちした方はまさに、受け取ることが出来ない人だったのでしょうね、と勝手に。ちなみに、この方はほんとに手相の神様に愛されている方です。いや、手相の神様だけではないですね。もっと大本の神様に愛されてます。火天大有という卦を体現なさっているような方です。ステージ違いすぎて、羨ましいとさえ思いませんwww いわばこんなカンジ

プライド 11 (クイーンズコミックス)

プライド 11 (クイーンズコミックス)

で、そういう事態に対してキャンセル料をとってやろうか、と思ってしまったことに対して某鑑定士さんは「修羅道が私へ知恵を吹き込みに来る」と書かれています。これよ、これ、これ、修羅道。修羅道ってつまり、エゴの世界ですよね。私が、私が、って言ってしまってる状態。値段のことでこうも悩んでしまうのはなぜか、原因がわかりました。消してしまいたい恥ずかしい過去、数年前に集客セミナーとかに一生懸命だったこと。ま、まったくなんの効果もなかったので自分には必要ないものなのだ、と学ぶためだけに散財したようなもんですが。そこでインプットされたものが災いしてましたねー。なんか自分に値打ちこけ、みたいな。払ったお金の分だけ人は価値を見いだすとかさ。でね、どん引きされるかもしれない怖れを乗り越えてぶっちゃけますよ。私が値上げにこだわってしまったのは「あの程度であの値段か、私なんてもっと取ってもいいんじゃないの?」って気持ちがあったからです。おこがましいというか何様ですよね!!これを一番思わされたのは、コアトラやっておかしくなった後に受けた某霊能者の高額セッションだったんですけど(どっかに書いたつもりだけど過去記事みつけられない)。この程度でこの値段かい!と。そっかー、私がずっと癇に障ってたのってセミナーで習ったことを素直に受け取ってそのまんまやれてる人たちだったんだ。そういう方々の行きつく先ってつまり、セミナー講師ですよね。ほんま、個人セッションよりセミナーというか教えるほうが儲かるんですよね。個人セッションばかりではラチあかんからスクールをやれ、セミナーをやれ、とどのコンサルも声を大にして言ってました。教えることが自分にとっても相手にとっても為になる、ってのはついでで、目指すものはより効率のよい儲けです。アメブロに熱心だった2、3年前には一セラピストだった人が、講師やコンサルになってるってケースがどれだけあるか。ま、いわば成功者ですよね。はいはい、私は負け犬ですよー。セミナー人脈を繋げてひろげる、なんてことも出来ませんでしたしね。値段をあげて、どや!ってしたかったんでしょうね、多分。値段をあげることに躊躇させられるものがもう2つ、漢医堂さんヒューマンポテンシャルさんなんですよねー。どちらも、この内容でこの値段?というコストパフォーマンス(コスパだなんて略さないぜ!)の高さです。これだけ力のある方々がこの値段でやってらっしゃるのに、私なんかがそんな取れないよね!って思っちゃいます。ほかにも某フラワーアーティストさまとか、どこで利益あげてんの?って不思議なとこもあります。もちろんお金は大切なんですが、やっぱ優先順位が違うんですよね。なんでこの値段でやれてんですか?とお尋ねしたこともありますが、やはりみなさん自分がもってるものを提供できる喜びのほうが大きいようです。お金はあとからついてくる、って感じですね。もちろんついてこさせるための努力や知恵を絞ることは必要ですが。まー、そういうわけで(どういう?)私が値上げにこだわっていたワケがわかりました。セッションではね、ほんといつもいいもの頂いてるんですよ。ヨシヨシさせていただいて、この喜びが得られたらお金なんかいらんわ、ってマジで思っちゃいます。お金のこと考えずにいられたらいいんですけどね。向きあうべきはお金ではなくて「助けを必要としている方に助けとなるものを提供できる機会をより増やすこと」とはっきりしました。ま、これまでは知恵を絞ることに関して、ちょっと、いえ、かなりグータラでしたので猛省です。よりお気軽に、お手軽に、ということの手始めとしてココナラを始めました。サイコロだけじゃなくて、ほかのメニューも増やしていきたいと思ってます。命式も、ネットの無料占いによりちょっと丁寧ぐらいの手にとっていただきやすいものを用意させていただく予定です。ちょっと気が重いとき、ちょっと一歩踏出せない時、とかお役にたてるといいですね。もちろん、メインはがっつりセッションのヨシヨシですよ!!長々とお付き合いくださり、ありがとうございました。あー、書いてスッキリした。