仮称)コネクトロンのブログです

コネクトロンのブログです

2012/12

2012年12月の読書メーター
読んだ本の数:27冊
読んだページ数:6025ページ
ナイス数:65ナイス

実録・天皇記 (だいわ文庫)実録・天皇記 (だいわ文庫)感想
血のリレーという禍々しい皇室。今上天皇のその禍々しさを一切感じさせない高潔さは、これは血ではなくて第125天皇秋仁という人でしかありえなかったこと。ヒロノミヤには望むべくもない。はしがきの資料にあった聖書に触れた部分で、まったく男ってのは誰に産んでもらっっと思ってんだ!!!!!自分を産んだ女をどうしてそうも貶めることが出来るんだ!!!!!
読了日:12月31日 著者:大宅 壮一
きいろいゾウ (小学館文庫)きいろいゾウ (小学館文庫)感想
んー、ようわからん、というのが正直なとこ。そういう感想を持ってる方がほかにもいらっしゃったので安心。宮粼あおいにぴったりだよ。
読了日:12月31日 著者:西 加奈子
タブーの正体!: マスコミが「あのこと」に触れない理由 (ちくま新書)タブーの正体!: マスコミが「あのこと」に触れない理由 (ちくま新書)感想
これを読んで速攻で『実録・天皇記』をポチった私を許してください。タブーってつまり、既得権にしがみついてる人がそれを守るために作り出すものか、という結論は乱暴すぎますか、そうですか。
読了日:12月31日 著者:川端 幹人
九月の四分の一九月の四分の一感想
将棋界の人だった、ということしか著者のバックボーンをよく知らないのだけど、『ロックルンロール』に続いて(どっちが先?)ツェッペリンがモチーフとして大々的に取り上げられていることに、そっか、聴いてるものが同じだから著者の世界が受け容れられるのか、と思った。どの作品もテレビドラマにできそうな一見こじゃれた話なんだけどね。ロックに心奪われちゃったけど、その世界に居続けることが出来なかった人の後ろ髪をひっぱるんだろうな。知らず知らずのうちに。
読了日:12月30日 著者:大崎 善生
毎日かあさん9  育っちまった編毎日かあさん9 育っちまった編感想
たまらなくインスタントの袋ラーメンが食べたくなり、出前一丁を買ってきました。もう読まなくてもいいかな、と思っていたのですが、書き下ろしに泣いた、という感想が多かったので手にとりました。まあ、ストレートすぎるので人を泣かせやすいかな、という捩じれた感想でスイマセン、スイマセン。
読了日:12月26日 著者:西原 理恵子
家族の悩みにおこたえしましょう家族の悩みにおこたえしましょう感想
この本で扱われてる事例、ほとんど全部うちでも手がけましたよ。つまり、問題のパターンにそうそう例外はないってことですわ。ということは、その解決策にもとんでもない例外はないってことで。
読了日:12月24日 著者:信田さよ子
わたしの献立日記わたしの献立日記感想
人に披露できる献立な食生活をしなくては、と思わされた。
読了日:12月23日 著者:沢村 貞子
お姫様とジェンダー―アニメで学ぶ男と女のジェンダー学入門 (ちくま新書)お姫様とジェンダー―アニメで学ぶ男と女のジェンダー学入門 (ちくま新書)感想
エンゲルスの『女性の人類史的敗北』、このフレーズを知れたことが最大の収穫。産むことが出来るってのは、最高の生産力のはずなのにねー。
読了日:12月23日 著者:若桑 みどり
人生で大切なことはみんなマクドナルドで教わった人生で大切なことはみんなマクドナルドで教わった感想
体育会系の人にははまるやり方だろう。それなりに頷くとこもあったけど、アマゾンのレビューを読んで、ああ、そうか、この人は古巣に後ろ足で砂かける、みたいなことした人なのか、と理解した次第。
読了日:12月23日 著者:鴨頭 嘉人
神戸で輝く女性経営者たち―神戸で活躍する女性トップリーダー (KOBE Top leader Series)神戸で輝く女性経営者たち―神戸で活躍する女性トップリーダー (KOBE Top leader Series)感想
素材はいいのだろうけど。
読了日:12月18日 著者:交友プランニングセンター
怪のはなし怪のはなし感想
人の不幸を栄養とするもの。そんなものが喜ぶものを与えてはいけない。愚痴ってダメなんだな、と再認識。
読了日:12月18日 著者:加門 七海
コンビニのレジから見た日本人コンビニのレジから見た日本人感想
日本人が失ってしまった大切なものを思い出させてくれる本。と言っても、過言ではない。コンビニでのあなたの言動は試されてます。
読了日:12月17日 著者:竹内 稔
リストラ芸人リストラ芸人感想
どんな芸人さんかまったく知らないのだけど、苦節18年の苦労話というより、細く長く楽しんでやっていきたい、というまとめに、きっと息の長いコンビになるんだろうな、って思いました。
読了日:12月17日 著者:上田 浩二郎
3月のライオン 8 (ジェッツコミックス)3月のライオン 8 (ジェッツコミックス)感想
自分で頑張れないときは、人のために頑張ればいいのだな。頑張る、って自分のためじゃなくて人のためなんだな。
読了日:12月14日 著者:羽海野 チカ
アーティスト症候群―アートと職人、クリエイターと芸能人アーティスト症候群―アートと職人、クリエイターと芸能人
読了日:12月12日 著者:大野 左紀子
ワケありな本ワケありな本
読了日:12月11日 著者:沢辺 有司
婚活疲労症候群 なんでこんなにツライのか?婚活疲労症候群 なんでこんなにツライのか?
読了日:12月11日 著者:高村 恵
超常現象の科学 なぜ人は幽霊が見えるのか超常現象の科学 なぜ人は幽霊が見えるのか
読了日:12月11日 著者:リチャード・ワイズマン
家族の勝手でしょ!写真274枚で見る食卓の喜劇家族の勝手でしょ!写真274枚で見る食卓の喜劇感想
食器が売れないそうで、そらー洗うのがめんどいってコンビニで買ったものそのまま出すわ、アルミホイルに載せて食卓に出すわ、ひどいのはテーブルに直置きって、家族の勝手というより食卓を仕切る主婦がどうなってしまったのか。もう存在意義ないよ。子ども産むだけが仕事といっても過言ではない。
読了日:12月9日 著者:岩村 暢子
Mac不安ちゃん (MacFanBooks)Mac不安ちゃん (MacFanBooks)感想
みずしな孝之さんを知ったのはこの漫画で。人がモノを愛する姿というのは美しいものだ。自分と同じものを愛しているなら尚更のこと。iPodやiPhone使ってるWindowsユーザー、なぜMacを使わない。
読了日:12月8日 著者:みずしな 孝之
儲かっているラーメン屋は朝8時に掃除する! (宝島社新書)儲かっているラーメン屋は朝8時に掃除する! (宝島社新書)感想
どっかで見聞きしたことの寄せ集めなんだけど、構成とほどよいクサさがいいんだろうなあ。もっとクサくすると齋藤一人や相田みつをになってしまう。
読了日:12月8日 著者:氏家 秀太
ワイン酒場開業BOOK (旭屋出版MOOK)ワイン酒場開業BOOK (旭屋出版MOOK)
読了日:12月6日 著者:
根をもつこと、翼をもつこと (新潮文庫)根をもつこと、翼をもつこと (新潮文庫)
読了日:12月5日 著者:田口 ランディ
DVD付き 聖☆おにいさん(8)特装版 (講談社キャラクターズA)DVD付き 聖☆おにいさん(8)特装版 (講談社キャラクターズA)感想
初登場の薬師如来さんのファンになりました!弁財天さんとユニット組んで欲しい!!
読了日:12月5日 著者:中村 光
新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)
読了日:12月3日 著者:貞本 義行
ジョジョリオン 3 (ジャンプコミックス)ジョジョリオン 3 (ジャンプコミックス)
読了日:12月3日 著者:荒木 飛呂彦
野垂れ死に (新潮新書)野垂れ死に (新潮新書)感想
奥さんの気持が知りたい、と思ったら、奥さんが書かれた本もあるようで。感想はそれを読んでからだな。
読了日:12月3日 著者:藤沢 秀行

読書メーター