仮称)コネクトロンのブログです

コネクトロンのブログです

ゴミ(護美)箱

どうもー、心がポッキリのいまぷですよっ。
ちょっと営業記事を書く気力がないので、ダラダラ書きをしますね。
野良犬にでも噛まれたと思って(謎)、あきらめてお付き合いくださいませ。

みなさんご存知のように(知らんか)、私は毎日諏訪神社に通ってるんですけど、
なんで通い始めたかってことを書き始めたとこなんですけど、
100日も続けて通ってると、いろいろと気づきもあるんですわ。
すごい大きな変化がありました、通わせていただいてよかったなー、と
心底思ってます。

参道に自動販売機が何台かあるんですけど、
自動販売機の横には缶を捨てるゴミ箱がありますよね、
あれがですね、この一週間ほど、立て続けにひっくり返ってるんですよ。
参道のど真ん中にひっくり返ったゴミ箱と缶が散乱してて、
あ、これは邪魔だよな、と片付けたんですけど、
めっちゃ正直に言いますわ、これが参道でなければスルーしてたと思います。
スイマセン、ダメ人間でスイマセン!!

邪魔だよな、と思ったのと、こんな散らかってるのを参拝の人が見たら
きっとイヤだよな、と思ったのです。
これを目にした人がイヤな気持ちにならないように、と思ってやってる自分に
なんかすんごいいい人になってない?とうっとりしましたよ!!
自分の中にある『善きもの』の存在に気づけた瞬間といっては大げさでしょうか。

最初は缶だけだったので、手で拾って片付けることが出来たのですが、
なぜか段々とゴミがエスカレートしていったんですよね。
生ゴミとかコンビニ弁当の残骸とかが缶専用ゴミ箱に投入されていて、
それが散乱しているのです。
うわー、これはちょっと手で掴めないな、と腰がひけながらも片付けました。
先日など、参道途中のすべてのゴミ箱がひっくり返っていて、
いずれのゴミ箱にも生ゴミがありえらいことになってました。

最初の1つ、2つは片付けていったのですが、時間がなくて
ごめんなさい!と放置して本殿に向いました。
ダメですよねー、すごい罪悪感でした。
今度からはゴミ袋とつまむもの持って来よう、と思いました。
私の後から続く参拝者、あの人たちは私の姿も見ているはず、
放置されたゴミを見て、ま、あの子ったらほったらかしで行ったわよ、
と思われるんじゃないか、とドキドキです。

しかし、幸いなことに(幸いなのか?)ゴミは相変わらず放置されていて、
あの人たちもスルーしちゃったんだな、と安心(?)しました。

今朝なんて、参道のど真ん中にゴミがまるで集められたかのように
置いてあるんですよ。
これ、絶対に試されてるよな、と思いました。

ゴミって、護美って当て字するじゃないですか。
美しさを護るためのゴミ箱、護美箱なんですよね。
ゴミ箱にゴミを捨てると、たしかにそのへんはキレイになるけど、
ゴミ箱の中はえらいことになってる。
ゴミ箱さん、ごめんなさい!って感じです。
ゴミ箱を設置するとかえってマナーが悪くなる、ってんで
ゴミ箱を撤去するとこもありますよね。

そ、汚いものはどっかに押し付けとけばいいや、って考えになってしまう。
缶専用のゴミ箱に生ゴミを入れるなんて、それを片付ける人が
たいへんなことになるってことに考えが及ばなくなってるってことですよね。

ゴミ箱があるとゴミが出来ちゃうような気もします。
ゴミ箱がなければゴミも出さない、作らないのでは?と。

コパ風水は、1に掃除、2に掃除、3、4がなくて5に掃除、
って感じなんですが、掃除もしてないとこに神様は来てくれませんからねー。
そう、掃除って自分のためじゃなくて他者のためのものなんですね。

参道ゴミ事件ですごい考えさせられたのは、人のため、ってこと。

自分のためには出来ないことでも、人のためなら出来る。

占いを始めてからずっと考えさせられていた『人のため』ということに
なんかトンネルの出口の灯りが見えたような感がありました。
ああ、これも100日続けた成果だなー。

ゴミの処理を人に委ねてはいけない、とも思ったので
ゲロ吐き場ミクシーは処分しましたよ。
ゲロ処分に長くお付き合いくださった皆様、
ありがとうとごめんなさい。