仮称)コネクトロンのブログです

コネクトロンのブログです

言葉がキツいと言われる

おはこんばんちわわ!
神戸元町コネクトロンのいまぷです。

辛いししとうに出会ったことがありません(実話。
なのでししとうが辛いものだという認識がまったくありません。
昨日の夕食でししとうの天ぷらを牛係に提供したら、それが辛かったらしいです。
お茶とか牛乳とかオレンジジュースとか流し込んで、
それでお腹がいっぱいになってしまった、と文句を言われました。

ブログ内主要記事目次

☆トップ >お答えします! >言葉がきついと言われる

これも多いですねー。
何気なくいった言葉が相手を傷つけてしまう、とか
そんなつもりなかったのに非難してるようにとられた、とか。

なので思ったことを迂闊にクチにしてはいけない、とか
思っていても言えなくなった、とか。

みなさんご存知のように(知らんか)、私はかつてマダム・ボーゲンという
ありがたい呼称を頂戴してオリました。
自分ではまったく暴言吐いてる自覚なかったんですよね!
ただ思ったことを言ってるだけ(それが暴言?)、
イヤなものはイヤだ、キライなものはキライだ(これが暴言?)と言ってるだけのつもりでした。
言いたいこと好き放題言えてていいね、長生きするよ、まで言われてましたよ!!

ふーん、みんなそんなに言いたいこと我慢してるんだ。
慢性『言いたいことが言えない病』だね。

おっと、今日のテーマは言いたいことが言えない病ではなくて、
その原因となりがちな、言葉がきついと咎められがちシンドロームであります。

同じ言葉でも、それに傷つく人もいれば全然平気な人もいます。
万人を同じように傷つけられる言葉などそうありません。

言葉がきついと言われる人と、言葉をきつく感じてしまう人。
双方の問題です、関係性の問題です。
誰に何いってもキツいと思われてしまう人(ウチの母がそうでした。
特定の関係においてのみ、キツい、と言われてしまう人。

持って生まれたものもありますし、その方が育った環境において
身につけてしまった鎧としての言葉のキツさもあります。

今回のテーマはそれではなくて。

キツい、と言われて傷ついてしまうこと、です。

そ、それを発してしまっていることではなくて、
私の言葉ってキツくてダメなんだ、と思っちゃうことです。

えーとね、始めに穴ぼこありき、でしてね、
なんか言われてダメだわ、と思っちゃう方って、
人からそう指摘されてしまうことをやらかしてしまいがちなんですよ。
不特定多数にそれを発動してしまう方もあれば、
特定の関係においてのみ発動する方もいらっしゃいます。

じゃあ、なんでそんなことしちゃうのか?

始めに戻ります、思っていることを迂闊にクチにしてはいけない、
というビリーフがあるからです。
クチに出したことを否定された、クチにさせて貰えなかった、という穴ぼこがあります。

私は思ったことをクチにしてはいけないんだ、というビリーフは
思ったことをクチにした時にそれに対する非難を引寄せます。
それは、言葉がキツい、という現象となって現れがちです。

かつて言えなかった言葉、受け取ってもらえなかった気持ちは
それを通さなくてはいけないという強いリベンジ感となって
言葉に破壊力をもたせます。

ここに言い訳感を伴うこともありがちなんですけどね。
参考拙記事:私ってアホなの?

コミュニケーションにおけるトラブルは、出したかったものが出せなかった、
ってことに起因することが多いですね。
抑えることは100害あって1利なし、ですよ。

ということは、次は『言われて傷ついてしまう人』かな。
でもこれは、原因をわざわざ説明することもないよねー。


◆ポチッといただけると励みになります!
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

ブログ内主要記事目次

◆JR・阪神電車 元町駅 山側徒歩7分
◆トアロードNHKより西に徒歩3分
最寄り駅からの道順

メニュー/料金
お客さまの声
よくあるご質問

お問い合わせ・ご予約フォーム(PC)
お問い合わせ・ご予約フォーム(携帯)
命式作成専用お申込みフォーム(PC)
命式作成専用お申込みフォーム(携帯)

◆月曜定休(献血ルームにてボランティアのため)
◆営業時間:10時〜19時(時間外も対応いたします)

☆占いとNLPであなたと幸せをつなぐ☆

神戸元町コネクトロン