仮称)コネクトロンのブログです

コネクトロンのブログです

なぜ自宅でセッションをしているのか

おはこんばんちわわ!
神戸元町コネクトロンのいまぷです。

自宅サロン(ぷっ。

☆トップ >よくあるご質問 >なぜ自宅でセッションをしているのか

献血ルームでよく尋ねられます、普段はどこでされてるんですか?どこの占いハウスですか?、と。

自宅です、と答えます。

だって、自宅だもの。人間だもの(謎。

そもそも占いを始めたのは、子育てと勤めが両立できなかったからです。
占いってサービス業じゃないですか、占いハウス勤務と子育ても両立が難しいですよ。
サービス業は人が休んでいる時こそ稼ぎ時だもんね。
占いハウスで働くなど、まったく選択肢にありませんでした。

陰湿なイジメとか足の引っ張り合いとかあるって聞くしさー、怖い、怖い。

私に占いの道をすすめた占い師さんも、元々は占いハウス出身でしたが知合った頃は自宅で仕事されてましたよ。
やはり、子育て優先です。

子どもが熱だして寝込んでても、自宅でだったら仕事できますもんね。
熱のある子ども置いて外に仕事だなんて、私にはとても出来ませんでした。

チビが大きくなって、物理的に余裕が出て来た時は家で仕事をすることのデメリットも出て来ました。
ヨソに仕事場を借りようかな、と考えたことも。しかし、どうにも実現しませんでした。

それはきっと、この家が私のこと持ち主だと思ってるからだと思うんですよねー。

コギレイなサロンでないことがずっと負い目でした。
お客さまにウチに来ていただくことが平気になったのは、ほんとつい最近のことです。
仕事の場にいかに生活感を入り込ませないか、ってことが課題でしたが、いかんせん狭い家、
そうそうカッチリと分けることも出来ません。

セッションをしているテーブルでゴハン食べてます。
チビの週刊ジャンプだとか週刊ファミ通だとか、もう隠す意欲もありません。

セッション直後の偽らざる部屋の状況そのまんま。

こんなウチでよかったら、コギレイなサロンでなくてよかったら、どうぞお越しください。
文鳥営業部長とウズラ接待部長もお待ちしてオリます。


◆ポチッといただけると励みになります!
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

占い(四柱推命・易・タロット)と心理学(NLP・ビジョン心理学)であなたと幸せをおつなぎします
☆HP:神戸元町コネクトロン
☆blog:ジャミラくじ〜毎日の運勢